コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルハチ Cyathea ogurae Hayata

世界大百科事典 第2版の解説

マルハチ【Cyathea ogurae Hayata】

小笠原特産の木生シダで,ひらけた斜面に群生する。葉が不鮮明な離層で脱落するが,落ちたあと幹の表面に,維管束の配列が漢字の八の字を逆にしたように見えるので,丸の中に八の字が見えるということから和名がついた。これが基となり,ヘゴ科の和名のように使われるようになったので,幹が形成されず,したがって丸の中に八の字の見える葉の痕跡が残らないクサマルハチのような種にも,同じ名が与えられている。幹は直立して5mに達し,先端に葉を冠状に出す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルハチ
まるはち / 丸八
[学]Cyathea mertensiana Copel.

ヘゴ科の大形木生シダ。葉の落ちたあとの幹の表面に、丸に逆さ八の字模様がみえるためにこの名がある。葉柄は緑色で、ヘゴのような刺(とげ)はない。マルハチは小笠原(おがさわら)諸島の特産で、沖縄諸島のヒカゲヘゴC. lepiferaの近縁。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルハチの関連キーワードスーパーマルハチ中村(高知県)四万十(市)マルハチ村松木生羊歯前沢保美中村葉痕気根樹木

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルハチの関連情報