コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルハナバチ マルハナバチ Bombus; bumblebee; humble-bee

4件 の用語解説(マルハナバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルハナバチ
マルハナバチ
Bombus; bumblebee; humble-bee

膜翅目ミツバチマルハナバチ属に属する昆虫の総称。一般に大型で体は短太。全体が長毛におおわれ,長い口吻をもっている。社会性昆虫で雌は女王と職蜂に分れ,大きさ,毛色などが著しく異なる場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マルハナバチ

ミツバチに近いハチの仲間で、世界で約250種類、国内では15種類が生息している。トマトやナスの屋内栽培では花の受粉に活用。北海道では外来種のセイヨウオオマルハナバチが野生化し、問題になっている。

(2013-06-19 朝日新聞 朝刊 大阪島根全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルハナバチ

膜翅(まくし)目ミツバチ科マルハナバチ類に属する昆虫の総称。一般に大型で短太,体一面長毛でおおわれ,毛色は女王,働きバチ,雄で異なる場合が多い。社会生活を営み,土中,木の穴,壁のすき間などに球形の巣を作る。
→関連項目ハナバチ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルハナバチ
まるはなばち / 円花蜂
bumble beehumble bee

昆虫綱膜翅(まくし)目ミツバチ科のマルハナバチ属Bombusに属するハナバチの総称。体は大形で、15~25ミリメートル、全体に長毛が密生し、毛色の違いで美しい模様がある。和名はそのずんぐりした体つきから、学名(属名のボムブス)はギリシア語で「ブーンと羽音をたてる」という意味で、英名も同様に「ブンブン飛び回るハチ」という意味。主として全北区に分布するが、中南アメリカや東洋の熱帯地域の高山(台湾では低山帯から高山帯)にも生息する。世界中に約400種が知られる。日本には琉球(りゅうきゅう)諸島を除く各地の山野に普通にみられ、14種が生息する。個体数も多い。トラマルハナバチBombus diversus、クロマルハナバチB. ignitus、オオマルハナバチB. sapporensis、コマルハナバチB. ardensなどは代表的な種類である。[平嶋義宏]

生態

特徴的な社会生活(家族生活)を送る。交尾受胎をして地中で越冬した雌バチは春先に出現し、10日余りの探索ののちに、単独で巣づくりを始める。地中のネズミの旧坑道などが巣場所に選ばれ、まず一つの花粉団子をつくり、その上に8~10個の卵をまとめて産む。同時に蜜房(みつぼう)(ハニーポット)をつくり、蜜を蓄える。孵化(ふか)した幼虫は花粉団子を食べて成長し、やがて繭を紡ぎ、その中で蛹(さなぎ)となる。産卵後16~25日目に最初の働きバチが羽化し、まず蜜房の蜜を吸う。働きバチは母バチと同型であるが小形で、巣づくりを助け、食料(花粉・花蜜)を採集し、幼虫の世話をするが、産卵はしない。蜜房や育房(幼虫室)は、母バチや働きバチの腹部から分泌するろう物質でつくられる(ミツバチと同様)。
 ミツバチやアシナガバチでは1匹の幼虫は一つの育房で育てられるが、マルハナバチでは一つの育房に数卵が産み込まれ、幼虫は集団で育てられる。幼虫の発育につれて育房は拡張されて大部屋となる。老熟幼虫は単独行動をとり、別々に繭をつくる。コロニー(集団)が発達すると、やがて雄バチが生まれ、生殖を行う。秋になるとコロニーは解散し、受胎して越冬する雌バチのみが生き残る。
 コロニーの寿命はハチの生息地域の環境や種類によって差があり、寒帯では約2か月、日本では春から秋まで、熱帯、たとえばブラジルのボムブス・アトラタスB. atratusでは2年以上も続く。
 マルハナバチヤドリ属Psithyrusのハチは、マルハナバチに形態的に酷似している事実が示すように、マルハナバチから進化して、マルハナバチの巣に社会寄生するようになったハナバチである。マルハナバチヤドリの雌バチはマルハナバチの巣に侵入、母バチを殺し自分の卵を産み、マルハナバチの働きバチに育てさせる。[平嶋義宏]

人間生活との関係

マルハナバチは重要な花粉媒介昆虫で、各種の花を訪花する。ミツバチよりも長い口吻(こうふん)をもっているため、クローバーには欠くことのできない昆虫である。ニュージーランドが世界の羊毛王国になりえたのは、イギリスから輸入したマルハナバチが定着し、ヒツジの食草であるクローバーの種子生産に貢献したためである。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルハナバチの関連キーワードハナバチ黒丸花蜂花蜂丸花蜂蜜蜂西洋蜜蜂姫花蜂クマバチ(熊蜂)マルハナバチ(丸花蜂)ミツバチ(蜜蜂)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルハナバチの関連情報