コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンタ Manta

翻訳|Manta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンタ
Manta

エクアドル西部,マナビ州西部の都市。州都ポルトビエホの西北西約 30km,太平洋マンタ湾にのぞむ港湾都市。前 3000年に人が住んでいたと考えられる地で,1200年頃にはインディオのマンタ族の首都であった。スペイン植民地時代にはポルトビエホからの移住者が町を建設。現在パナマ帽の輸出港として知られるほか,同州の主要港としてコーヒー,カカオ,植物油,ゾウゲヤシの実などを積出す。市内には食品加工,製材,なめし皮,綿織物などの工業が立地。漁業基地でもあり,マグロ缶詰工場がある。近くに海浜保養施設がつくられ,魚釣りなども楽しめるため,近年観光業が発展してきている。キト,グアヤキルなどと道路で連絡。人口 12万 5505 (1990) 。

マンタ

イトマキエイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マンタ【manta】

エイ目の海魚オニイトマキエイ。 → イトマキエイ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマンタの言及

【イトマキエイ】より

…ふつう1産8尾ほどの子どもを生む。近縁種の大西洋産オニイトマキエイManta birostrisはマンタともいい,体板の幅が5~6mになり,ときには数百尾が群泳するのが目撃される。また,空中に跳び上がる行動もしばしば観察され,このときに胎児を生み落とすといわれる。…

※「マンタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンタの関連キーワードジャッジ〈2〉 島の裁判官奮闘記アンダシベマンタディア国立公園ジャッジ 島の裁判官奮闘記アナラマザウチャ特別保護区カリマンタンティムール州クリーニングステーショントゥバタハ岩礁自然公園ティル シュヴァイガーマンタとワシントン条約ニンガルー川平石崎海域公園地区カリマンタンウタラ州カピンガマランギ村バンジャルマシンポンティアナックペリネ特別保護区マラパスクア島シドニー水族館ココ島国立公園マカッサル海峡

マンタの関連情報