コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンフレッド

3件 の用語解説(マンフレッドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

マンフレッド

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキー交響曲(1885)。原題《Manfred》。バイロンの同名の詩劇を題材に作曲された。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

マンフレッド(Manfred)

バイロンによる3幕の劇詩。1817年刊行。劇としては1824年、コベントガーデンにて初演。ゲーテの「ファウスト」の影響が色濃くみられる。シューマンチャイコフスキーそれぞれ音楽化している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンフレッド
まんふれっど
Manfred

イギリスの詩人バイロンの三幕詩劇。1817年刊、1824年初演。ゲーテの『ファウスト』に暗示を受けたといわれる。スイスアルプス山城に住む若い当主マンフレッドは、かつて恋ゆえに人妻を死に追いやった暗い罪業感に悩み、生に絶望して、静かな忘却を求めている。彼は魔術の力を借りて、天地のあらゆる精霊、妖女(ようじょ)たちを呼び集め、「自己忘却」の道を尋ねるが、答えを得ることができず、しかも自殺も許されず、ついに予言の刻(とき)がきて、つかみかかる悪魔に、「もう、貴様の餌食(えじき)にはならぬ。われとわが身を破壊してきたおれだ。これからだってそうするのだ」とののしりつつ、息を引き取る。バイロンの近代的自我意識を、もっとも強烈に表現した詩人中期の代表作。[上田和夫]
『小川和夫訳『マンフレッド』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンフレッドの関連情報