コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンリョウ(万両) マンリョウ Ardisia crenata

2件 の用語解説(マンリョウ(万両)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンリョウ(万両)
マンリョウ
Ardisia crenata

ヤブコウジ科の常緑小低木。アジアの暖温帯に広く分布し,日本では関東地方南部より西の暖地の林内に生える。観賞用にも栽培される。茎は直立し高さ 30~100cmとなり,まばらに分枝する。全体に毛がなく,葉は互生し,長さ7~12cmの長楕円形で鋸歯の間に内腺体があり,表面には明点と黒褐色の点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マンリョウ【マンリョウ(万両) Ardisia crenata Sims】

通常,山地の樹陰に見られるヤブコウジ科の常緑の低木(イラスト)。赤い実と常緑の葉が美しいので,観賞用に植えられる。茎は分岐しないか,または上方でまばらに枝を出す。葉は互生し,やわらかい革質で楕円形あるいは倒披針形,長さ7~12cm,毛がなく,先端は急にとがり,基部はしだいに狭くなり,ふちに波状の鋸歯がある。夏,枝の先に小さい白色の花を散形状につける。花は5深裂し,径8mmぐらい。萼裂片は卵形または長楕円形で長さ約1.5mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンリョウ(万両)の関連キーワードヤブコウジ(藪柑子)蟻通毬酸漿葉黒草節黒仙翁万両秋丁子藪柑子火山地溝タイミンタチバナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone