コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンリョウ(万両) マンリョウArdisia crenata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンリョウ(万両)
マンリョウ
Ardisia crenata

ヤブコウジ科の常緑低木。アジアの暖温帯に広く分布し,日本では関東地方南部より西の暖地の林内に生える。観賞用にも栽培される。茎は直立し高さ 30~100cmとなり,まばらに分する。全体に毛がなく,葉は互生し,長さ7~12cmの長楕円形で鋸歯の間に内腺体があり,表面には明点と黒褐色の点がある。7月頃,散房花序を頂生し,白色の5弁の小花を集めてつける。花は径 8mmほどで星形であるが,基部は合着して浅い杯状をなす。果実は球形で赤熟し冬から春まで残るので,光沢のある葉とともに正月の生け花としてよく知られている。栽培品種にキミノマンリョウ,シロミノマンリョウという果実の色変りがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンリョウ【マンリョウ(万両) Ardisia crenata Sims】

通常,山地樹陰に見られるヤブコウジ科の常緑の低木(イラスト)。赤い実と常緑の葉が美しいので,観賞用に植えられる。茎は分岐しないか,または上方でまばらに枝を出す。葉は互生し,やわらかい革質で楕円形あるいは倒披針形,長さ7~12cm,毛がなく,先端は急にとがり,基部はしだいに狭くなり,ふちに波状の鋸歯がある。夏,枝の先に小さい白色の花を散形状につける。花は5深裂し,径8mmぐらい。萼裂片は卵形または長楕円形で長さ約1.5mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マンリョウ(万両)の関連キーワードセンリョウ(千両)

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android