コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンリョウ

2件 の用語解説(マンリョウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マンリョウ

ヤブコウジ科の常緑小低木。本州中部〜沖縄の樹下にはえ,東南アジアにも広く分布。茎は分枝し高さ30〜60cm。葉は互生し,長楕円形で縁には波状の鋸歯(きょし)がある。
→関連項目センリョウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンリョウ
まんりょう / 万両
[学]Ardisia crenata Sims

ヤブコウジ科の常緑低木。高さ0.3~1メートル。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~12センチメートル、質は厚く光沢があり、縁(へり)に波状の鋸歯(きょし)があり、その凹部の組織内に腺体(せんたい)がある。7月、枝先に紅色の細点がある小さな白色花を散状または散房状に開く。花冠は深く5裂し、径約8ミリメートル。雄しべは5本。果実は球形で径約6ミリメートル、赤く熟し、翌年の春までついている。暖地の林内に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および朝鮮半島、中国、インドに分布する。黄実や白実のもの、葉の斑(ふ)入り、縁の縮れたものなど園芸品種が多く、庭木、鉢植えにして観賞する。また正月にセンリョウ、アリドオシとともに飾る。[小林義雄]

文化史

同属のヤブコウジ(十両)がヤマタチバナの名で『万葉集』に登場するのに比べ、認識は遅れ、『多識編』(1612)でマンリョウの中国名砂根(すさこん)にアカキがあてられたのが初出で、『本草薬名(やくめい)備考』(1678)にも朱砂根にアカキが使われている。中国では全株や根を活血去(きょお)(うっ血)、清熱降火、消腫(しょうしゅ)解毒、去痰止咳(きょたんしがい)などの薬にする。マンリョウ系の名は18世紀末ころから使われ始めたが、初めはまん竜、万量、万里ゃうなどと綴(つづ)られ、文政(ぶんせい)(1818~1830)のころから万両が庶民に定着し始めた。万両はカラタチバナの中国名百両金に対応した名と考えられる。カラタチバナは18世紀末に大流行し、66品種を数えたが、マンリョウは江戸の終わりにブームとなり、『草木奇品家雅見(そうもくきひんかがみ)』(1828)には斑(ふ)入りや葉変わり12品種が載っている。さらに、明治の『砂根銘鑑』(1901)には53品種が記録されている。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンリョウの関連情報