コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーコール Capra falconeri; markhor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーコール
Capra falconeri; markhor

偶蹄目ウシ科。野生のヤギ類中最大種で,体長 1.5m,肩高 1.1m。角は平たく,栓抜きのようにねじれており,長さは曲りに沿って 1.2mほどに達する。顎ひげが長く,頸の下方にも長い毛の総がある。岩の多い山に生活し,アイベックスに似て岩登りが得意である。夏は森林限界まで移動し,冬は低地に下る。普通4~5頭で生活するが,冬の間は 20~30頭の大群をつくる。中央アジアアフガニスタンカシミールパンジャブなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マーコール(markhor)

ウシ科の哺乳類。野生のヤギでは最大種で体長1メートル超。角はらせん状にねじれる。ヒマラヤ山岳地帯に生息するが、個体数が少なく絶滅危惧種。ねじつのやぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マーコール【markhor】

コルクの栓抜き状の角をもつ野生のヤギ(イラスト)。偶蹄目ウシ科の哺乳類。ウズベキスタンタジキスタン山地からアフガニスタン,パキスタン中・北部,インドのカシミールに分布。野生ヤギ類中最大で,は体長161~168cm,尾長8~14cm,肩高86~100cm,体重80~110kg。はやや小型で体長140~150cm,体重32~40kg。雄の角は大きく長く,雌の4倍以上あり,ねじれに沿った長さは75~160cmに達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーコール
まーこーる
markhor
[学]Capra falconeri

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。ネジツノヤギともいう。産地によって6亜種に分類される。カシミールからヒマラヤを経てアフガニスタンまで分布し、山岳地帯の険しい高地に生息する。野生ヤギの最大種で、体長1.1メートル、肩高1メートル、体重90キログラム。角(つの)は雌雄いずれにもあり、一見コルクの栓抜きのようにねじれ、長さ1.2メートルに及ぶものがある。体色は、夏は茶色、冬期は灰色に変わる。成獣の雄では胸、肩に長毛が生える。妊娠期間は5~6か月で、1産1子。冬期に交尾し、春に出産する。生息数が少なく、国際的に保護されている。日本では、川崎市夢見ヶ崎動物公園、姫路(ひめじ)セントラルパークなどに飼育例がある。[中川志郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマーコールの言及

【ヤギ(山羊)】より

…【山下 正男】【谷 泰】。。…

【ヤギ(山羊)】より

…主としてヨーロッパ系の乳用ヤギの先祖とされる。(2)マーコールmarkhor(C.falconeri)(イラスト)アフガニスタン,ヒマラヤ,チベットの山岳地帯に分布し,ときには平地にもすむ野生ヤギで,角は大きくらせん状。毛用種のアンゴラ種,カシミア種がこれから生まれたといわれているが,ベゾアールとの交雑種に由来したものも数多い。…

【ヤギ(山羊)】より

…主としてヨーロッパ系の乳用ヤギの先祖とされる。(2)マーコールmarkhor(C.falconeri)(イラスト)アフガニスタン,ヒマラヤ,チベットの山岳地帯に分布し,ときには平地にもすむ野生ヤギで,角は大きくらせん状。毛用種のアンゴラ種,カシミア種がこれから生まれたといわれているが,ベゾアールとの交雑種に由来したものも数多い。…

※「マーコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーコールの関連キーワード日本のおもな動物園ヤギ(哺乳綱)プラハ動物園ヤギ(山羊)山羊・野羊中川志郎コルク家畜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android