ミオクローヌス(英語表記)myoclonus

家庭医学館の解説

みおくろーぬす【ミオクローヌス Myoclonus】

[どんな病気か]
 筋肉が、稲妻(いなづま)のように急に激しくぴくつく病気です。
 症状がおこるのは、手足の一部分であったり、頭であったり、全身であったりします。
 なにかの刺激、たとえば音や光などで誘発されることがあります。
[原因]
 大脳(だいのう)、脳幹部(のうかんぶ)、脊髄(せきずい)などの病変が原因であることが多く、前述の症状がみられた場合、これらの部位の検査が欠かせません。
 薬剤の使用、肝臓病(かんぞうびょう)、腎臓病(じんぞうびょう)にともなう脳障害が原因のこともありますし、ガス中毒窒息(ちっそく)の後に出現することもあります。
 いろいろ調べても原因がわからないケースもあります。
[治療]
 元にある病気の治療につきるのですが、抗けいれん薬のクロナゼパムの内服が有効なことがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミオクローヌス【myoclonus】

一部の筋肉の電撃的なすばやい不随意の収縮をいう。不規則でリズム性はない。大脳皮質から脊髄に至る中枢神経系内のさまざまな部位の障害によって生じる。各種の脳炎や脳症においてみられ,クロイツフェルト=ヤコブ病などのプリオン病でも認められる。ミオクローヌスに痴呆,痙攣(けいれん)発作を伴い,小脳症状などを示し,進行的に悪化するものを〈ミオクローヌス癲癇(てんかん)〉と呼び,一つの症候群として扱われる。このなかにはラフォラ病Lafora disease,脳リピドーシス,その他の変性疾患などが含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミオクローヌスの言及

【クロイツフェルト=ヤコブ病】より

…1920年にクロイツフェルトHans G.Creutzfeldt(1885‐1964),翌21年にヤコブAlfons Jakob(1884‐1931)によって記載された神経疾患。中年以降に男女差なく発症,初期は性格変化や記憶・記銘力低下を示し,やがて痴呆が進行し,ミオクローヌスmyoclonus(四肢や体幹に同時的,瞬間的に起こる筋肉の収縮),錐体路症状(運動麻痺など)および錐体外路症状(筋緊張の異常と不随意運動など)を呈し,末期には無言無動状態となり,数ヵ月から1年半くらいの経過で死亡する。特徴的な症状,脳波あるいはCTスキャンなどにより診断はさほど困難ではないが,まだ有効な治療法は知られていない。…

【痙攣】より

…破傷風,テタニー,狂犬病でみられるほか,顔面痙攣,眼瞼痙攣,痙性斜頸などとしても知られている。(4)ミオクローヌスmyoclonus 一つの筋肉あるいは筋群にみられる,持続時間の短い不随意に起こる不規則な電気ショック様の筋収縮である。正常でも入眠中にみられることがあるが,癲癇,感染症,変性性疾患,低酸素症など神経系を侵す種々の疾患で認められる。…

【クロイツフェルト=ヤコブ病】より

…1920年にクロイツフェルトHans G.Creutzfeldt(1885‐1964),翌21年にヤコブAlfons Jakob(1884‐1931)によって記載された神経疾患。中年以降に男女差なく発症,初期は性格変化や記憶・記銘力低下を示し,やがて痴呆が進行し,ミオクローヌスmyoclonus(四肢や体幹に同時的,瞬間的に起こる筋肉の収縮),錐体路症状(運動麻痺など)および錐体外路症状(筋緊張の異常と不随意運動など)を呈し,末期には無言無動状態となり,数ヵ月から1年半くらいの経過で死亡する。特徴的な症状,脳波あるいはCTスキャンなどにより診断はさほど困難ではないが,まだ有効な治療法は知られていない。…

【痙攣】より

…破傷風,テタニー,狂犬病でみられるほか,顔面痙攣,眼瞼痙攣,痙性斜頸などとしても知られている。(4)ミオクローヌスmyoclonus 一つの筋肉あるいは筋群にみられる,持続時間の短い不随意に起こる不規則な電気ショック様の筋収縮である。正常でも入眠中にみられることがあるが,癲癇,感染症,変性性疾患,低酸素症など神経系を侵す種々の疾患で認められる。…

※「ミオクローヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android