コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカンコミバエ ミカンコミバエBactrocera dorsalis

3件 の用語解説(ミカンコミバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカンコミバエ
ミカンコミバエ
Bactrocera dorsalis

双翅目ミバエ科。体長 7mm内外。全体に黄褐色であるが,胸背は黒色で4縦条がある。肩瘤,横線 (前楯板と楯板との間の縫合線) 後方の側線,小楯板 (しょうじゅんばん) などは黄色。腹部背面には黒褐色のT字紋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミカンコミバエ【Oriental fruit fly】

双翅目ミバエ科の昆虫(イラスト)。幼虫がミカンに寄生する小さなミバエの意であるが,実際にこのハエの幼虫が寄生する植物は果樹を中心に170種にも及ぶ。害虫。成虫はイエバエよりもやや小型で体長約6mm,翅に斑紋のある美しいハエである。雌は,羽化後約1週間で交尾し,一度に5~20個の卵を寄主植物の果実内部に産みつける。成虫の寿命は数ヵ月,その間に約1000個の卵を産む。気温に影響されるが,卵から成虫までは20~30日である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミカンコミバエ
みかんこみばえ / 蜜柑小実蠅
oriental fruit fly
[学]Dacus (Bactrocera) dorsalis

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ミバエ科に属する昆虫。体長6~7.5ミリメートル、翅長6~6.5ミリメートル、体は黄褐色。胸部の地色は黒色で、背面には灰白色粉からなる4縦条がある。肩瘤(けんりゅう)、横線後方の両側線、小楯板(しょうじゅんばん)はいずれも鮮黄色(ただし乾燥標品では黄褐色となる)。はねは透明で、縁紋とそれに続く細い前縁部、臀脈(でんみゃく)斜帯はいずれも黒褐色。幼虫は柑橘(かんきつ)類、バナナ、パパイヤ、マンゴーのほか35科にわたる植物(主として生果実)につく国際的な大害虫で、東洋の熱帯、亜熱帯およびハワイに広く分布する。日本では小笠原諸島(おがさわらしょとう)と奄美大島(あまみおおしま)以南の南西諸島に分布することは、大正年間から知られていたが、第二次世界大戦後ウリミバエの北上とともに、1974年(昭和49)には屋久島(やくしま)と種子島(たねがしま)にも侵入(ただし定着せず)した。本種の雄成虫はメチルオイゲノールにきわめて効果的に誘引されるので、1968年(昭和43)以降、本剤と毒剤との併用によって生息密度を下げ、さらに大規模な不妊虫放飼法(ふにんちゅうほうしほう)による根絶防除事業が生息地で順次行われた。その結果、防除効果が奏効して1993年(平成5)8月与那国島(よなぐにじま)での誘殺を最後に根絶が確認されたことをもって、日本では実質的に絶滅した。しかし、再侵入に対する警戒は続行されている。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミカンコミバエの関連キーワードAPS-Cサイズ美浜原発蒸気噴出事故アオバアリガタハネカクシイソギク雨滴カブラハバチカメノコハムシカワラケツメイガンコウランケンポナシ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミカンコミバエの関連情報