コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクサート ミクサート Mikszáth Kálmán

3件 の用語解説(ミクサートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミクサート
ミクサート
Mikszáth Kálmán

[生]1847.1.16. スクラボニヤ
[没]1910.5.28. ブダペスト
ハンガリーの小説家。新聞記者として国内各地を転々としながら小説を発表,農民生活に取材した短編小説スロバキアの親類たち』A tót atyafiak (1881) によって文名を確立した。以後,多くの長短編小説を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミクサート【Mikszáth Kálmán】

1847‐1910
ハンガリーの作家。地方で法律の仕事のかたわら,短編を各誌に送っていたが,やがて文筆活動に専念すべく新聞記者となり,各地を転々とする。80年にペシュト(現,ブダペスト)に出,郷土スロバキアの農民の日常的悲劇をテーマとした短編集《スロバキアの親類たち》(1881)で文壇に認められた。その後,ロマンティックな作風の《聖ペテロの雨傘》(1895)や,風刺的社会小説《特別な結婚》(1900)などで人気作家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクサート
みくさーと
Mikszth Klmn
(1847―1910)

ハンガリーの小説家。20代から作品を書いていたが認められず、新聞記者などをして各地を転々とした。1881年に短編集『スロバキア人の親類』を出し、一躍流行作家になる。初期のロマン主義の強い作風から、『特別な結婚』(1900)、『トート・マリアとの関係、ノスティの息子の場合』(1908)など、民衆の日常的な悲劇をリアル生き生きと巧みな語り口描き出す作風に脱皮し、封建貴族の保守性を風刺する作品を数多く書いた。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミクサートの言及

【ハンガリー】より

… この後,1867年にオーストリアとのアウスグライヒ(妥協)により二重帝国が形成され,醒めた現実政治により経済的安定がもたらされ,散文が開花する市民社会の時代を迎えた。ロマンティシズムの作品を数多く書いたヨーカイ,リアリズム小説の先駆者ミクサートが国民的人気作家となったゆえんである。劇壇ではチキCsiky Gergely(1842‐91)が民衆演劇の人気作家として活躍した。…

※「ミクサート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミクサートの関連キーワードモーリツオーストリアハンガリー帝国ハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー田園幻想曲ハンガリー舞曲集ハンガリー国立バレエ団ハンガリー岩シューベルト:ハンガリー風ディヴェルティメント ホ短調/1 piano 4 handsカドーシャ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone