コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミゲル Miguel, Maria Evaristo de Bragança

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミゲル
Miguel, Maria Evaristo de Bragança

[生]1802.10.26. ケルス
[没]1866.11.14. ブロンバハ
ポルトガル王位要求者。通称ドン・ミゲル。ジョアン6世 (温厚王) の第3子。ブラジルで成長し父に伴われて帰国 (1821) 。父王は留守中に布告された立憲制を承認したが,ミゲルはこれに反対してクーデターを起し,1821~24年反動的軍事独裁を行なって失敗,ウィーンに亡命。 26年3月父王が没し,ミゲルの長兄でブラジル皇帝ペドロ1世は,ミゲルと結婚させるという前提で娘マリア・ダ・グロリアをマリア2世としてポルトガル女王にしたが,28年帰国したミゲルは,反動勢力の支持を得てみずから王位についた。ペドロはポルトガルに戻り,ミゲルと戦ってオポルトを占領 (32) ,内乱の鎮圧に努めた。またスペイン,イギリス,フランス各国もマリア2世の正当性を認めたため,ミゲルはエボラで降伏,ポルトガル王位へのすべての要求を放棄し (34.5.) ,ローマに亡命。のちバーデン近郊に移りその地で没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミゲル

ポルトガル王ジョアン6世の子。政治改革に反対し,1824年オーストリアへ亡命。父の死後,兄ブラジル皇帝ペドロ1世の娘マリア2世の摂政とて迎えられ帰国した。1828年王位を奪って即位を宣言し,反動的政治を行ったが,内戦(1834年―1836年)を招き失脚してドイツに亡命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミゲル【Dom Miguel】

1802‐66
ポルトガル王ジョアン6世の三男。1820年の革命から生まれた立憲王制に反対して,24年オーストリアに亡命。26年父王の死によりポルトガル王ペドロ4世として即位した兄のブラジル皇帝ペドロ1世は同年,王位を幼少の娘(マリア2世)に譲り,ドン・ミゲルを摂政に迎えた。しかし,ドン・ミゲルは絶対専制君主として反動政治を行い,マリア2世を擁立する自由主義陣営との間に内戦(1834‐36)を招き,敗れて再度亡命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ミゲル

生年月日:1802年10月26日
ポルトガル王位要求者
1866年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のミゲルの言及

【ポルトガル】より

…26年ジョアン6世が没すると,ブラジル皇帝(ペドロ1世)となっていた王位継承者ドン・ペドロは,1822年の急進的な憲法を廃し,王権を強化した憲章を制定して王位をマリア2世に譲った。この立憲王政派に対して絶対王政の回復を図るジョアン6世の次男ドン・ミゲルDom Miguelは,28年王位を簒奪し,自由主義者を弾圧した。こうして,両陣営の間に内戦が勃発したが,2年後自由主義陣営が勝利を収めた。…

※「ミゲル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミゲルの関連キーワードモウジニョ・ダ・シルベイラジョセフ クラムゴールドミゲル・デ・セルバンテスお気軽ウッキーラッキーレガスピ(フィリピン)レルド・デ・テハダチワワ(メキシコ)ヒトラーの忘れもの中浦ジュリアン千々石清左衛門ミゲル(1世)コルテ=リアルマルガリータタグビラランドン・ミゲルセルベトゥス千々石ミゲル天正遣欧使節イエズス会シルベイラ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミゲルの関連情報