コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトラス教 ミトラスキョウ

4件 の用語解説(ミトラス教の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミトラス‐きょう〔‐ケウ〕【ミトラス教】

Mithrasローマ帝国紀元前1世紀から紀元後5世紀まで主として軍人を中心に流布した密儀宗教の一派。古代インドイラン宗教の神ミトラから影響を受けて成立した太陽神ミトラスを崇拝した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミトラス教【ミトラスきょう】

古代イランのミトラ神信仰に発し,ゾロアスター教マズダク教などと習合しつつ,1世紀後半から4世紀ごろまでローマ帝国のほぼ全土に広まった密儀宗教。英語でMithraism。
→関連項目キュモンクリスマスミトラユリアヌス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミトラスきょう【ミトラス教 Mithraism】

ペルシア起源の神ミトラスMithrasを祭神とする密儀宗教。ローマ帝国内において1世紀後半から4世紀中葉まで流行したが,キリスト教の普及とともに衰退した。ミトラスはアーリヤ人の古くからの神ミトラとは語源的に関係があるが,信仰内容では著しく異なる。前1世紀に,シリア小アジアギリシア化したマズダク教神官(マギ)たちがこの新宗派を樹立し,ローマ帝国成立とともにイタリアやローマ市に流布,さらにブリタニア北アフリカスペインラインドナウ両河流域へ広がった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミトラス教
みとらすきょう
Mithraism

ローマ帝国全域にわたって、紀元前1世紀から紀元後5世紀まで流布した密儀宗教の一派。ペルシア起源の神ミトラスMitrasを祭神とするが、この派と『アベスタ』の宗教(ゾロアスター教)との間には重要な性格の相違がある。起源は前1世紀のアナトリア(小アジア)東部やシリアにあり、そこでペルシアの宗教やヘレニズム思想の影響下に組織化され、2世紀初頭にイタリアおよびライン、ドナウ両川流域を経て各地に急速に布教された。
 奇跡によってこの世に生誕した太陽神ミトラスMithrasは豊饒(ほうじょう)の根元としての牡牛(おうし)を殺し、その行為によって人類に繁栄と救済をもたらした、と信じられ、信徒たちは半地下式の神殿奥室の「牛を殺すミトラス」像(浮彫り、丸彫り、壁画など)を礼拝した。そのほかの主要な図像としては、「岩から生まれるミトラス」像(生誕図)と「獅子(しし)頭神」像(宇宙観)とがある。長方形プランをした神殿は奥室の前に列柱によって三分割された空間(左右の信者席用ベンチと中央通路)をもち、ミトラスの天界への勝利の帰還を祝う宴や入信式が催された。神官には上位の信徒がなった。信徒たちは下から大鴉(おおがらす)、花嫁、兵士、獅子、ペルシア人、太陽の使者、父という七つの位階を昇進した。
 これらの名称の起源は不明であるが、ミトラス教が全ローマ帝国にわたってほぼ共通の神殿プラン、図像、信徒組織を保ったことは明らかである。文献史料に乏しく、ミトラス教徒の思想は碑文や図像から復原するほかないが、この面でもかなり組織化されていたとみられる。[小川英雄]
『M・J・フェルマースレン著、小川英雄訳『ミトラス教』(1974・山本書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミトラス教の言及

【クリスマス】より

…12月25日はローマの冬至の当日であった。その日は〈征服されることなき太陽の誕生日〉として,3~4世紀のローマに普及していたミトラス教の重要な祭日であった。12月17日から24日まではサトゥルナリアと呼ばれる農耕神サトゥルヌスの祭が行われていた。…

【ローマ】より

…しかし一般国民はしだいにギリシア・ローマの神々から離れ,イタリアでも,より神秘的で現実の生活に密接にかかわり,来世の救いをも示す,東方起源の諸宗教が受容された。こうしてアスクレピオスなどに加えイシス,セラピスの崇拝,ミトラス教およびキリスト教その他多種の神々や宗教がローマ市にまで流入した。また広大な帝国各地では土着の神々が礼拝されていた。…

※「ミトラス教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミトラス教の関連キーワードペルシア語ペルシア戦争ペルシア帝国ペルシア湾ミトラ教ペルシュロンササン朝ペルシアハルシャペルシア革ペルシア猫

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミトラス教の関連情報