コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドリガメ みどりがめ

4件 の用語解説(ミドリガメの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ミドリガメ

北米から南米大陸北西部を原産地とするカメ。正式名称は「ミシシッピアカミミガメ」。幼体は甲羅が緑色をしていることから、日本では一般に「ミドリガメ」と呼ばれる。甲羅の長さは幼体では5センチメートル前後だが、成体は最大で28センチメートルにも達する。池や湿地、河川などに生息し、寿命は20~40年程度。雑食性で繁殖力が強く、汚染された水質への耐性も高い。日本への輸入は1950年代に始まり、幼体がペット用として大量に流通した。しかし多くは家庭での飼育に困った飼い主によって野外に放されていると見られ、北海道を除く全国に生息域を拡大している。生態系への影響や農業被害が問題視されていることから、2013年、環境省外来生物法で輸入や飼育が原則禁止される特定外来生物への指定を検討する方針を明らかにした。

(2014-1-14)

ミドリガメ

米国原産のミシシッピアカミミガメの幼体を指す呼称。頭部の両側に橙赤色の斑紋がある。幼体は小さく緑色をしているが、成体になると背甲長は最大で28センチメートルに達し、体色も黒くなる。世界各国で流通しており、日本へは1950年代に輸入が開始された。以来、ペットとして人気を集めてきたが、成長して飼育しきれなくなり、川や池に捨てられるケースが多発。この亀が各地で繁殖し、日本の生態系や農作物に深刻な影響を及ぼしていることから、2015年、環境省が20年をめどに輸入を禁止する方針を決定した。販売と飼育も段階的に規制され、すでに野生化したものは駆除される。

(2015-8-1)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

ミドリガメ

ペットとして人気のあるアメリカ原産のヌマガメ科の子ガメ。その大半が米国南東部からメキシコにかけて分布するニシキガメ属のカメである。子ガメの間は甲や頭頸部に美しい模様があるが,成長するとともに薄れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミドリガメ
みどりがめ

爬虫(はちゅう)綱カメ目に属し、ペットとして人気のあるアメリカ原産のヌマガメ科の子ガメ類をいう。背甲が緑がかるため日本ではこの名で親しまれる。ニシキガメ属Chrysemysのカメが多く、そのうち市販されるおもな種類はアカミミガメ(キバラガメを含む12亜種)とニシキガメ(4亜種)であるが、アメリカヌマガメ(8亜種)、アカハラガメ(3種)の仲間も含まれ、形態的に似たものが多い。幼体では甲や頭頸(とうけい)部に美しい模様があるが、これらは成長とともに薄れる。ほかに別属で色彩斑紋(はんもん)が似たものも含まれる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミドリガメの関連情報