コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナハサ族 ミナハサぞくMinahasan

2件 の用語解説(ミナハサ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナハサ族
ミナハサぞく
Minahasan

インドネシアのスラウェシ島北部のミナハサ半島に住むプロト・マレー系の民族。主要な都市であり港でもあるメナドにちなんでメナド人とも呼ばれる。人口約 100万と推定される。言語はフィリピンの言語と親縁関係にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミナハサぞく【ミナハサ族 Minahasa】

インドネシア,スラウェシ島北部のミナハサ半島に住む開化(第2次)マレー系の民族。メナド人とも呼ばれる。人口は約70万,地理,言語,方言の差によって8グループ分かれる。生業は焼畑農耕であるが,村落は継続性と安定性をもっている。焼畑での第一の作物は主食のトウモロコシで,このほか野菜,香辛料ラッカセイ,キャッサバ,サツマイモをつくる。米は副次的食糧で,水田耕作では一対の牛の引くすき(パジェコ)が用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のミナハサ族の言及

【棺】より

…同島のダヤク族の棺は幹を縦二つに切り割って内部をほりくぼめたものだが,カヌー(丸木舟)形とし,外面にはヘビ,トカゲ,あるいはフィリピンのルソン島のと同様に牛頭を彫刻する。スラウェシ島北部のミナハサ族は石棺を用いる。それは浮彫の装飾をほどこした家屋形のもので,うずくまった姿勢の遺体を納めるのだが,ミクロネシアのパラオ諸島にもこの種の石棺が発見される。…

※「ミナハサ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone