コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナハサ族 ミナハサぞくMinahasan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナハサ族
ミナハサぞく
Minahasan

インドネシアのスラウェシ島北部のミナハサ半島に住むプロト・マレー系の民族。主要な都市であり港でもあるメナドにちなんでメナド人とも呼ばれる。人口約 100万と推定される。言語はフィリピンの言語と親縁関係にある。山岳地帯であるが土地が肥沃なので,陸稲・水稲耕作を行うほか,とうもろこし,サゴやし,たばこなども栽培し,漁業も行う。水牛,馬,やぎ,豚を飼育する。村は土地を共有し,村長が毎年各世帯の必要に応じて耕地を割当てるが,最近では私有地がふえている。出自は双系をたどり,親族集団が形成されているところもある。一般に結婚は仲介人が取決め,妻方居住制をとる。結婚式は婚資の支払いと祝宴を含み,一夫一婦制が原則である。社会は階層的に貴族,自由人,奴隷に分れていた。親族集団間で首狩りを主目的とする戦闘も盛んであった。早くからヨーロッパ文化の影響を受け,現在住民の大部分はキリスト教徒となっている。一部にイスラム教徒がいる。祖霊崇拝と,供犠祭宴が盛んであり,シャーマンによる病気治療も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミナハサぞく【ミナハサ族 Minahasa】

インドネシア,スラウェシ島北部のミナハサ半島に住む開化(第2次)マレー系の民族。メナド人とも呼ばれる。人口は約70万,地理,言語,方言の差によって8グループに分かれる。生業は焼畑農耕であるが,村落は継続性と安定性をもっている。焼畑での第一の作物は主食のトウモロコシで,このほか野菜,香辛料,ラッカセイキャッサバサツマイモをつくる。米は副次的食糧で,水田耕作では一対の牛の引くすき(パジェコ)が用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミナハサ族の言及

【棺】より

…同島のダヤク族の棺は幹を縦二つに切り割って内部をほりくぼめたものだが,カヌー(丸木舟)形とし,外面にはヘビ,トカゲ,あるいはフィリピンのルソン島のと同様に牛頭を彫刻する。スラウェシ島北部のミナハサ族は石棺を用いる。それは浮彫の装飾をほどこした家屋形のもので,うずくまった姿勢の遺体を納めるのだが,ミクロネシアのパラオ諸島にもこの種の石棺が発見される。…

※「ミナハサ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミナハサ族の関連キーワードスラウェシウタラ州サンギヘ[諸島]インドネシアマナド

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android