コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナハサ

百科事典マイペディアの解説

ミナハサ

スラウェシのミナハサ半島に居住する人々。約70万人。オランダ文化の影響が大きく早くからキリスト教を受容。物質文化面でジャワに近似。ミナハサ語はインドネシア語派であるが,今は共通語としてのインドネシア語が広く使用されている。
→関連項目サンギヘ[諸島]スラウェシ[島]メナド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ミナハサの関連キーワードミナハサ(インドネシアの地名)タンココ自然保護区スラウェシウタラ州サンギヘ[諸島]スラウェシ[島]ミナハサ(民族)スラウェシ島サンギヘ諸島タラウド諸島ゴロンタロトンダノ湖ミナハサ族スラウェシサワガンGAPIトモホンマナド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android