コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルクホール

デジタル大辞泉の解説

ミルク‐ホール

《〈和〉milk+hall》牛乳やコーヒー・パン・ケーキなどを供した軽飲食店。明治末期から昭和初期にかけて流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミルクホール

牛乳を飲ませ,パンなどを供する簡易な飲食店。明治後期にビヤホールができてから,〈ホール〉という呼称が流行したが,〈ミルクホール〉も日本人がつくった言葉で,東京の学生街から始まったらしい。明治初年に始まる新聞縦覧所の性格をうけつぎ,牛乳を飲む者には新聞・雑誌や官報を無料で閲覧させた。やがてケーキやコーヒー,洋食なども提供するようになり,上下がカステラで中にようかんが入った〈シベリヤ〉という菓子はミルクホール独特のものであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ミルクホール

milk+hall〕
牛乳・パン・菓子などを飲食させる軽食堂。明治40年以降に出現。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルクホール
みるくほーる

牛乳、パン、ミカン、清涼飲料などを供する簡易飲食店をいう和製英語。1907年(明治40)ごろから昭和初期にかけて東京をはじめ地方都市に流行し、新聞、雑誌、官報なども置いて自由に閲覧させ、庶民や学生に憩いと談合の場所を提供していたが、1921年(大正10)ごろからしだいに喫茶店に変わり、現在では駅や遊園地のミルクスタンドにわずかにその名残(なごり)がみられる。[佐藤農人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミルクホールの関連キーワードJ.K.Goodmanコースケ☆ハラスメント哀原友則/正月太郎佐野バビ市浜本ゆたか森近運平小野寺崇原 霞外新城侑樹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android