コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミロナイト mylonite

百科事典マイペディアの解説

ミロナイト

圧砕岩,マイロナイトとも。動力変成岩の代表。圧砕された細粒部が再結晶して,圧砕を免れた残斑晶を取り巻いて流れたような構造を示し,肉眼的にも縞(しま)状構造を示す。
→関連項目動力変成作用

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミロナイト【mylonite】

マイロナイトともよぶ。動力変成作用をうけて変形し再結晶した岩石の総称。地下のやや深い所で剪断(せんだん)変形をうけた岩石は延性的に変形し,破壊や断層による変形は少なくなる。延性的に変形するとき,岩石の鉱物組成はほとんど変化しないが,その組織,とくに結晶粒の大きさと形が著しく変化する。花コウ岩に似た岩石では石英粒は小さくなり,かつ伸長することが多いが,長石粒は周囲がこわれたり,またはそのまま残る。ミロナイトはやや温度が低い変成作用を同時にうけることが多く,変形にともない鉱物と鉱物が反応して新しい鉱物組成になることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミロナイト

圧砕岩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミロナイト
みろないと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のミロナイトの言及

【変成作用】より

…このとき岩石はその元来の組織をくずし,多くは細粒の結晶の集合体となり,また一部の鉱物は引き伸ばされる。このようにしてできた岩石をミロナイトと呼んでいる。中央構造線北側の鹿塩ミロナイトは有名である。…

※「ミロナイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミロナイトの関連キーワードエスサン・アンドレアス断層ミロナイト化作用プロトミロナイト球状ミロナイト角礫状破砕岩展砕岩化作用テクトナイト圧砕岩化作用展砕岩状組織地質構造線圧砕岩組織変成岩

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android