コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンガス ミンガス Mingus, Charles

4件 の用語解説(ミンガスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンガス
ミンガス
Mingus, Charles

[生]1922.4.22. アリゾナ,ノガルス
[没]1979.1.5. メキシコシティー
アメリカジャズベース奏者,バンドリーダーおよび作曲家。ロサンゼルスで子供のころから音楽に親しみ,16歳ではじめてベースを演奏。リー・ヤング楽団でプロとして活動を開始し,1941年には L.(D.)アームストロングとともに演奏する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミンガス

米国のジャズ・ベース奏者,作曲家,バンドリーダー。1940年―1950年代にかけて,L.ハンプトンやC.パーカーなど多くのジャズ・ミュージシャンと演奏をともにした。
→関連項目カサベテス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミンガス【Charles Mingus】

1922‐79
アメリカの黒人ジャズ作曲家,ベース奏者。ロサンゼルスで育ち,1940年代にプロとなった。アームストロング・バンドを振出しに有名バンドで演奏したのち,52年自己のレーベルデビュー〉をつくり(1952‐55),貴重なレコードを世に送った。56年以降,《直立猿人》《道化師》(ともにアトランティック)をはじめ,黒人意識に根ざした問題作を発表,エリントンのバンドを小型化したような作風と相まって注目を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンガス
みんがす
Charles Mingus
(1922―1979)

アメリカのジャズ・ベース奏者、作曲家。アリゾナ州に生まれ、幼児期に家族でロサンゼルスのワッツ地区に移住。6歳でトロンボーンを、続いてチェロを習いはじめる。少年時代スクール・バンド、そしてロサンゼルス・ジュニアフィルハーモニーの一員として演奏活動を行う。この時期、ピアノ奏者、ビッグ・バンド・リーダーであるデューク・エリントンコンサートを聴いて感動する。高校時代、学友で後にジャズ・サックスクラリネット奏者となるバディ・コレットBuddy Collette(1921―2010)の勧めによってベースに転向し、ベース奏者レッドカレンダーRed Callender(1916―1992)から技術を習得、またピアノと音楽理論も学習する。
 1940年プロ・ミュージシャンとしてスタートし、1941年から1943年にかけてトランペット奏者ルイ・アームストロングのバンドなどで修業。1945年初レコーディング、1946年初リーダー・セッションを録音する。同年より1948年にかけてはビブラホーン奏者ライオネル・ハンプトンの楽団に参加、ミンガスの作・編曲が採用される。1950年ビブラホーン奏者レッド・ノーボRed Norvo(1908―1999)のサイドマンとなり1951年まで在籍する。その後ニューヨークに移り住む。しかしミュージシャンとしての仕事がなく一時期郵便局員となるが、アルト・サックス奏者チャーリー・パーカーに励まされジャズ・シーンに復帰、パーカー、トランペット奏者マイルス・デービスらと共演。1952年自己レーベル「デビュー」を友人のドラム奏者マックス・ローチの助けを借りて設立し、ここを拠点としてさまざまなミュージシャンたちと「ジャズ・ワークショップ」の活動を行う。
 1953年、エリントン楽団で短期間演奏、パーカーのアルバム『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』のサイドマンを務める。同年、後にマイルスのアルバム・プロデューサーとして名をはせるテナー・サックス奏者テオ・マセロTeo Macero(1925―2008)、ビブラホーン奏者テディ・チャールズTeddy Charles(1928―2012)ら白人ミュージシャンたちと作曲活動に力点を置いた「ジャズ・コンポーザーズ・ワークショップ」を組織、この時期ヨーロッパ近代音楽への傾斜を強める。1956年、新たに編成された「ジャズ・ワークショップ」の成果として、人種差別への怒りを込めたアルバム『直立猿人』を世に問い、大きな反響をよぶ。この作品以降、彼の音楽は黒人意識を前面に押し出したプロテスト・ミュージックの色彩を強くする。1958年ジョン・カサベテス監督の映画『アメリカの影』の映画音楽を担当。1960年アルト・サックス奏者エリック・ドルフィーがミンガスのグループに参加、ヨーロッパ・ツアーを行う。同年ニューポート・ジャズ・フェスティバルに対する批判を込め、同時期に独自のジャズ・フェスティバルを開催。またアーカンソー州リトル・ロックで起きた人種差別事件に対する非難を込めた「フォーバス知事の寓話」を収録したアルバム『ミンガス・プレゼンツ・ミンガス』を発表。1962年、エリントンとの共演アルバム『マネー・ジャングル』を録音、同年ニューヨーク・タウン・ホールでコンサートを開催。1964年ドルフィーらと再度ヨーロッパ・ツアーを行い、さらにモンタレー・ジャズ・フェスティバルに出演する。また同年、自主レコード『ミンガス・アット・モンタレイ』も制作している。
 1960年代後半は体調を崩し一時ジャズ・シーンから遠ざかる。1969年末に復帰し1970年ヨーロッパ・ツアーを行い、1971年オーケストラ作品『レット・マイ・チルドレン・ヒア・ミュージック』を録音、同年『ダウン・ビート』Down Beat誌「名声の殿堂」入りを果たす。1978年大統領ジミー・カーター主催のジャズ・フェスティバルに車椅子で出席、大統領より励ましの言葉を受ける。1979年メキシコにて病死。そのほかの代表作に『道化師』『メキシコの想い出』(ともに1957)、『クンビア&ジャズ・フュージョン』(1977)がある。彼は音楽によってアメリカにおける人種問題にスポットを当て、黒人ジャズマンの政治的意識を高めた。バンド・リーダーとしても、自らのサウンド・カラーを適切に表現する高度の技量を身につけた代表的ジャズ・ベーシストである。[後藤雅洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンガスの関連キーワードガレスピーコルトレーンパーカードルフィーシカゴジャズアメリカの影アメリカの空パリのアメリカ人ベース・オン・トップアフロ・アメリカ文学

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミンガスの関連情報