コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンネジンガー ミンネジンガーMinnesinger

翻訳|Minnesinger

2件 の用語解説(ミンネジンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンネジンガー
Minnesinger

12~14世紀のドイツの抒情詩人,音楽家。多くは騎士,貴族階級の出身であるが,のちには市民階級の詩人も登場した。彼らは詩人であると同時に作曲家でもあり,自作を奏し歌う歌手でもあった。フランスのトルバドゥールの歌を手本とし,名の由来である「ミンネ (愛) 」 Minneを多く歌った。トルバドゥールの「ミンネ」に比べ,抽象的で宗教的色彩が強く,音楽も教会旋法で書かれ,バール形式が多かった。初期のキューレンベルガーからディートマル・フォン・アイスト,ラインマール・フォン・ハーゲナウ,最盛期のワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ,ハインリヒ・フォン・モールンゲン,ナイトハルト・フォン・ロイエンタールらが有名。詩集は 14世紀前半に書かれたハイデルベルク大学図書館所蔵のものが知られている。 (→ミンネザング )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のミンネジンガーの言及

【歌曲】より

…F.シューベルトのリートを例にとれば,《野ばら》が第1の型,《菩提樹》が第2の型,《魔王》が第3の型の実例である。 西洋音楽の歴史では,早くも中世のトルベールやミンネジンガー(ミンネゼンガー)など騎士歌人の作品に有節形式の歌曲が現れる。ミンネジンガーという言葉が,そもそも〈愛の歌い手〉を意味するように,歌曲の最も普遍的な題材は,古来〈愛〉であった。…

【ドイツ音楽】より

…これはまたオルガヌムのような初期多声音楽の発明とも密接な関係をもっている。 12世紀には,南フランスの騎士歌人トルバドゥールの影響を受けて,ドイツにも世俗騎士歌人ミンネジンガー(ミンネザング)が現れるが,ここではドイツ語がその旋律とリズムに影響を与えてドイツ人の音感覚を進展させる。その後を継いだ14世紀のマイスタージンガーではドイツ語がいっそう強く意識されて,次の時代への橋渡しをする。…

【ミンネザング】より

…ドイツ文学史の中でミンネザングと呼ばれるものは,脚韻を踏む1節ないし数節から成る詩作品で,12世紀後半から15世紀ころまで,主として王侯貴族の社交の場で娯楽と教化のために歌唱された。ミンネザングの作者はミンネゼンガー(またはミンネジンガー)と呼ばれ,詩人であると同時に作曲家であり演奏家でもある。実際の身分は貴族とは限らないが,騎士文化の積極的な担い手であるという自覚の点で,彼らは〈騎士階級〉の成員であり,女流詩人はいない。…

【ミンネゼンガー】より

…中世ドイツの騎士歌人の総称。ミンネジンガーMinnesingerとも呼び,〈愛の歌い手〉を意味する。その出自および文学的側面については,〈ミンネザング〉の項目を参照されたい。…

※「ミンネジンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone