ムカシヨモギ(読み)むかしよもぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムカシヨモギ
むかしよもぎ / 昔蓬
[学]Erigeron acris L. var. kamtschticus (DC.) Herd.

キク科の越年草。茎は高さ30~60センチメートル。葉は倒披針(とうひしん)形から長披針形。9~10月、緩い散房状または円錐(えんすい)花序をつくり、頭花を多数つける。頭花は雌花と雄花とからなるが、雌花に二型がある。一つは細い舌状で、他の一つは細い筒状である。つまり、頭花が三形の小花からなることが特徴である。全体が帰化植物であるヒメムカシヨモギの小さな個体によく似る。中部地方以北の本州から極東アジアに広く分布する。基本種エゾムカシヨモギは頭花は少なく、頭花に粗い白毛がある。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムカシヨモギの言及

【ヤンバルヒゴタイ】より

…冠毛は白色,2列性で,内側のは長さ4~5mm,外側のは短く,1~2mm。全草に灰白色の毛があり,ムカシヨモギErigeron acerを思い出させるところから,花の色を加えたムラサキムカシヨモギの別名がある。 この仲間ショウジョウハグマ属Vernoniaは熱帯に広く分布し,およそ1000種からなる大きな植物群である。…

※「ムカシヨモギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android