コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクドリモドキ ムクドリモドキIcteridae; oropendolas, orioles, blackbirds

2件 の用語解説(ムクドリモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムクドリモドキ
ムクドリモドキ
Icteridae; oropendolas, orioles, blackbirds

スズメ目ムクドリモドキ科の鳥の総称。オオツリスドリ属,ツリスドリ属,ムクドリモドキ属,マキバドリ属,クロムクドリモドキ属,コウウチョウ属など 27属,約 110種からなる。全長 15~52cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムクドリモドキ
むくどりもどき
icterid

鳥綱スズメ目ムクドリモドキ科に属する鳥の総称。この科Icteridaeは、北アメリカから南アメリカに及ぶ新世界に分布し、112種を含む大きいグループである。森林から草原までいろいろの所にすみ、生活、形、色など著しく多様化している。全長20~53センチメートル、どの種もじょうぶな足をもっていて、もともとは地上性である。嘴(くちばし)は鋭くとがった円錐(えんすい)形で、体にはでな飾りや色のついたものがある。多くは輝いた黄色の羽毛をもっていて、一般に森林性のものが多く、また群れをつくる種も多い。ツリスドリのようにりっぱな巣をつくるものから、コウウチョウ類cowbirdsのように寄生するものまである。ハゴロモガラス類American blackbirdsは雄が黒くブラックバードの名があるが、ヨーロッパのブラックバード(ツグミ科のクロウタドリ)とは異なる。このハゴロモガラス類は全長18~28センチメートルで、ムクドリモドキ科のなかではもっとも社会性が強く、大集団で繁殖し、湿地や淡水面に生ずる草原にすみ、低木林にコロニーをつくる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone