コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムチン mucin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムチン
mucin

粘液素,粘素ともいう。糖蛋白質の一種。粘膜から分泌される粘液の主成分で,密度の濃い粘りけをもち,粘膜を潤し,摩擦を防いだり,細菌が侵入するのを防護する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムチン(mucin)

動物の上皮細胞粘膜唾液腺などが産生する粘性物質の総称。糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムチン
むちん
Muzinドイツ語
mucin英語

粘液性物質。粘液(ラテン語mucus)に由来する。ハマースタインO. Hammersteinは希無機酸によって沈殿し、過剰の酸の添加で溶解しない動物性粘性タンパク質をムチンとよんだ(1882)。今日の分類によれば、動物の上皮性細胞、粘膜、唾液(だえき)腺などが生産する粘液性物質の総称で、種々のプロテオグリカン(ムコ多糖タンパク質)と糖タンパク質の混合物である。ムチンという語は、特定の粘液性物質、たとえば、顎下腺(がくかせん)ムチン、腸液ムチンなどの名称として用いられている。共通な構造として、糖タンパク質の糖鎖とタンパク質との結合様式が、糖鎖部分のN-アセチルガラクトサミンとタンパク質部分のセリンあるいはトレオニン(スレオニン)がO-グリコシド結合で結合している。そのため、このような結合様式をもつ糖タンパク質をムチン型糖タンパク質とよぶことがある。[徳久幸子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムチンの言及

【腺】より

…副腎皮質や睾丸,卵巣のステロイドホルモン分泌細胞では,細胞内の脂胞滴に素材であるコレステロールが含まれ,ミトコンドリアと滑面小胞体にある酵素の働きによってホルモンが合成され,おそらく滑面小胞体の中にできると考えられている。(4)粘液性の分泌物をつくる細胞 舌下腺,顎下腺の粘液細胞,腸の杯細胞,胃の副細胞などの分泌物の主成分はムチンで,ムコイチン硫酸と呼ばれる高分子の多糖類の硫酸エステルを含む複合タンパク質である。粘液の中のタンパク質の部分は,粗面小胞体で合成されてゴルジ体へ送られるが,糖の部分はゴルジ体で合成され,両者がゴルジ体で結合するという。…

【唾液】より

…食事をとると分泌速度は高まるが,とくに耳下腺の分泌増加が著しい。唾液のおもな有機成分は唾液アミラーゼ(プチアリンptyalin)とムチンmucinである。プチアリンは加熱デンプンに作用して麦芽糖に分解する。…

※「ムチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムチンの関連キーワード腹膜偽性粘液腫(腹膜仮性粘液腫)江原道(朝鮮民主主義人民共和国)女性性器のしくみとはたらきシリンゴル(錫林郭勒)盟内モンゴル(自治区)スヘバートル州青森ながいも関節リウマチルアングワ川ハス(蓮)シアル酸粘液水腫ザンビアナガイモマラウイ卵巣嚢腫高分子制癌剤京畿湾目やに

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android