コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムツヘタ ムツヘタ Mtskheta

3件 の用語解説(ムツヘタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムツヘタ
ムツヘタ
Mtskheta

グルジア東部の都市。首都トビリシの北北西方,クラ川とアラグビ川の合流点に位置する。ザカフカジエ (後カフカズ地方) 最古の都市の一つで,2~5世紀にはグルジアの古王国イベリアの首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムツヘタ(Mtskheta)

ジョージアの首都トビリシの北約20キロメートルにある古都。紀元前4世紀からイベリア王国の首都として栄えた。紀元4世紀にキリスト教を国教として受け入れ、5世紀には主教座が置かれて宗教都市として発展した。6世紀創建のジュバリ教会、11世紀に再建されたスベティツホベリ大聖堂などが残る。1994年に「ムツヘタの文化財群」として世界遺産文化遺産)に登録。保全計画の不備を理由に2009年から2016年まで危機遺産とされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムツヘタ

ジョージアの首都トビリシの北約20kmにあり,古くはジョージア王国の都だった町。東西交流の十字路に位置し,古代からペルシア,アラブモンゴルオスマン帝国などに支配されてきたが,破壊を免れた教会建築が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ムツヘタの関連キーワードグルジアトビリシグダウリサムタビシ大聖堂ジェイタ洞窟シオニ教会ムタツミンダ山メテヒ教会ルスタベリ通り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone