コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラ川 クラがわreka Kura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラ川
クラがわ
reka Kura

ザカフカジエ(後カフカス地方)を流れる川。全長 1364km。流域面積 18万8000km2。トルコ北東部のアルメニア高原に源を発し,北東流してジョージア(グルジア)に入る。小カフカス山脈を横断したのち南東へ流れを変え,トビリシを経てアゼルバイジャンに入り,同国を貫流してカスピ海に注ぐ。中流部のミンゲチャウールに人造湖と水力発電所があり,下流部流域に広がるクラアラクス低地の灌漑用水源となっている。下流部は複雑に分流し,河口に鳥脚状のデルタを形成。増水期は春~初夏,減水期は秋。河口からエブラフまで航行可能。アラス川アラザニ川,イオリ川,アラグビ川などの支流がある。沿岸主要都市はジョージアのボルジョミ,ゴーリムツヘタ,トビリシ,ルスタビ,アゼルバイジャンのミンゲチャウール,アリバイラムルイ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラ川
くらがわ
Кура Kura 

中央アジア南西部、カフカス地方最大の川。トルコ北部のアルメニア高原に源を発し、ジョージア(グルジア)のトビリシを経て、ジョージア、アゼルバイジャン両共和国を潤し、カスピ海に注ぐ。全長1364キロメートル、流域面積18万8000平方キロメートル。中流部につくられたミンゲチャウル貯水池より下流域は、シルバンスカヤ、ミリスカヤ、ムガンスカヤなどのステップ(短草草原)地帯となり、灌漑(かんがい)用施設が建設されている。河口より140キロメートル上流で、イランとの国境を流れる最大の支流アラクス川を合流する。河口には面積約100平方キロメートルの三角州を形成する。河口より約480キロメートル上流のエブラフまで航行可能。[村田 護]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラ川の関連キーワードジョージア(旧グルジア)ナゴルノカラバフ自治州アゼルバイジャン共和国ビタウタス大公教会ムツヘタの文化財群ナゴルノカラバフアフトゥイルカ大カフカス山脈リフスキー山脈ジョージア州カフカス山脈ブルドワーンアラベルジチェハヌフサリヤヌイツヒンバリギャンジャポルタバクルスクビスクラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラ川の関連情報