コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムバンダカ Mbandaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムバンダカ
Mbandaka

コンゴ民主共和国北西部の都市。エクアトゥール州の州都。旧称コキアビル Coquilhatville赤道直下コンゴ川とその支流ルキ川の合流点に位置。キンシャサからキサンガニにいたる河川運輸の中継地。ゴム,米,パーム油,木材,皮革などの集散地で,ビール醸造も行なわれる。博物館,教員養成学校がある。人口 26万2814 (2004推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ムバンダカ

コンゴ民主共和国の北西部,コンゴ(ザイール)川左岸の都市。旧名コキヤビル。赤道直下にある。商業,交通の要地で,造船・船舶修理などが行われる。医学校,空港がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムバンダカ【Mbandaka】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)北西部の河港都市。人口17万(1994)。1966年まではコキヤビルCoquilhatvilleと呼ばれた。コンゴ川中流東岸,ルキ川が合流する地点に位置し,コンゴ川水運の港,また道路,航空路などの要衝として,商業の中心となっている。漁業や皮革生産も盛んである。1883年に探検家H.スタンリーによって建設され,赤道直下に位置することから当時はエカトゥールビルEquateurvilleと呼ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムバンダカ
むばんだか
Mbandaka

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)北西部、赤道州の州都。赤道直下、コンゴ盆地の中央部に位置する。1966年まではコキラービルCoquilhatvilleとよばれた。人口16万9841(1994)。コンゴ(ザイール)川に面する重要な河港都市で、道路、国内航空路の要衝でもある。1883年探検家スタンリーらによって基礎が築かれた。1950年代には人口約3万の小都市であったが、近年目覚ましい発展を遂げている。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android