コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムバンダカ ムバンダカ Mbandaka

5件 の用語解説(ムバンダカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムバンダカ
ムバンダカ
Mbandaka

コンゴ民主共和国北西部の都市。エクアトゥール州の州都。旧称コキアビル Coquilhatville。赤道直下コンゴ川とその支流ルキ川の合流点に位置。キンシャサからキサンガニにいたる河川運輸の中継地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムバンダカ(Mbandaka)

コンゴ民主共和国北西部の都市。旧称コキラービルエカトゥールビルコンゴ盆地中央部、コンゴ川中流に位置し、河港をもつ。首都キンシャサ、下流のキサンガニと河川航路で結ばれ、交通の要地として発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムバンダカ

コンゴ民主共和国の北西部,コンゴ(ザイール)川左岸の都市。旧名コキヤビル。赤道直下にある。商業,交通の要地で,造船・船舶修理などが行われる。医学校,空港がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムバンダカ【Mbandaka】

アフリカ中部,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)北西部の河港都市。人口17万(1994)。1966年まではコキヤビルCoquilhatvilleと呼ばれた。コンゴ川中流東岸,ルキ川が合流する地点に位置し,コンゴ川水運の港,また道路,航空路などの要衝として,商業の中心となっている。漁業や皮革生産も盛んである。1883年に探検家H.スタンリーによって建設され,赤道直下に位置することから当時はエカトゥールビルEquateurvilleと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムバンダカ
むばんだか
Mbandaka

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)北西部、赤道州の州都。赤道直下、コンゴ盆地の中央部に位置する。1966年まではコキラービルCoquilhatvilleとよばれた。人口16万9841(1994)。コンゴ(ザイール)川に面する重要な河港都市で、道路、国内航空路の要衝でもある。1883年探検家スタンリーらによって基礎が築かれた。1950年代には人口約3万の小都市であったが、近年目覚ましい発展を遂げている。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムバンダカの関連キーワードコンゴ川コンゴ民主共和国モンゴ族ルブンバシ中部アフリカスタンリー滝ウバンギ[川]コンゴ[川]スタンリー・プールルバ族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムバンダカの関連情報