ムラサキケマン

百科事典マイペディアの解説

ムラサキケマン

ヤブケマンとも。日本全土,中国に分布し,やぶなどに多いケシ科二年草。全体に柔らかく,粉緑色を帯びる。根出葉は数枚で,細かく分裂する。春,高さ20〜50cmの稜のある茎を出し,茎頂に総状花序をつけ,紅紫色筒形で,長さ約15mmの花を横向きに開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムラサキケマン【Corydalis incisa (Thunb.) Pers.】

平地や低山林縁草地に普通にみられるケシ科の二年草(イラスト)。北海道~沖縄,中国,台湾に分布する。軟弱な方形の茎が直立し,高さ30cm内外。葉は互生し,不規則に2回3出状に分裂する。4~6月ころ,茎頂に長さ10cmほどの総状花序をつけ,赤紫色の花が多数,横向きに咲く。花は4枚の花弁からなる唇形花で,距があり,長さ10~20mm。6本のおしべは3本ずつ合着し,それぞれの両側の2本は半葯のみに退化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムラサキケマン
むらさきけまん / 紫華鬘
[学]Corydalis incisa (Thunb.) Pers.

ケシ科の越年草。高さ20~40センチメートルで、全体が柔らかい。葉は2回3出羽状複葉。小葉はくさび形で欠刻する。4~5月、総状花序をつくり、長さ1.3~2センチメートルの紫色花を多数開く。萼片(がくへん)は2枚、花弁は4枚で外側の2枚のうちの一方に距(きょ)がある。雄しべは6本、雌しべは1本、子房は1室。(さくか)は披針(ひしん)形で、中に黒色の小さな種子がある。林の藪(やぶ)などにごく普通に生え、日本、および中国大陸に分布する。[寺林 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android