コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムー伝説 ムーでんせつ

百科事典マイペディアの解説

ムー伝説【ムーでんせつ】

約1万2000年前に太平洋底に沈んだとされる大陸ムーMuにまつわる伝説。J.チャーチワードが《失われた大陸ムー》(1926年)で発表。東はイースター島,西はカロリン諸島,北はハワイ諸島,南はトンガ諸島にわたる広大な地域を占め,約5万年前から約6400万人の住民をもつムー帝国が存在し,地上最初の文明を築いていたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムーでんせつ【ムー伝説】

太古にインド洋または太平洋海域に存在したとされる大陸ムーMuは,当初レムリアLemuriaの名で世に広まった。提唱者はイギリスの動物学者でダーウィン進化論の反対者スクレーターPhilip Lutley Sclater(1829‐1913)である。彼は1874年に,レムール(キツネザル)などの奇妙な分布を説明する必要から,マダガスカルと南インド,ならびにマレーシアは元来一つの大陸で5000万年前に水没したという仮説を立て,これをレムールにちなんでレムリア大陸と命名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ムー伝説の関連キーワード星図自動車電話よしもとばなな奈良美智2000年問題プーチンシャキール オニール2000年問題青木淳岡本太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android