メガステネース(英語表記)Megasthenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガステネース
Megasthenēs

イオニア出身のギリシア人。前4世紀の終りから前3世紀の初めにかけて,シリア王セレウコス1世がインド,マウリヤ朝チャンドラグプタのもとに送った使節。帰国後書いた『インド滞在記』 Ta Indikaの原本は残っていないが,ストラボンらが引用した断片が残り,インド古代史に関する貴重な史実を伝えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android