コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガステネース Megasthenēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メガステネース
Megasthenēs

イオニア出身のギリシア人。前4世紀の終りから前3世紀の初めにかけて,シリア王セレウコス1世がインド,マウリヤ朝チャンドラグプタのもとに送った使節。帰国後書いた『インド滞在記』 Ta Indikaの原本は残っていないが,ストラボンらが引用した断片が残り,インド古代史に関する貴重な史実を伝えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

メガステネースの関連キーワードパータリプトラ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android