コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メガネザル(眼鏡猿) メガネザルtarsier

翻訳|tarsier

世界大百科事典 第2版の解説

メガネザル【メガネザル(眼鏡猿) tarsier】

霊長目メガネザル科の原猿の総称。タルシアともいう。1科1属で,フィリピン南部に生息するフィリピンメガネザルTarsius syrichta,セレベス地方に生息するセレベスメガネザルT.spectrum,ボルネオ・スマトラ地方に生息するホースフィールドメガネザルT.bancanus(イラスト)の3種がいる。頭はまるく大きく,顔は鼻口部の突出がきわめて弱いため平面的で,前に向いた非常に大きな目は樹上での立体視につごうがよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android