メガネザル(眼鏡猿)(読み)メガネザル(英語表記)tarsier

翻訳|tarsier

世界大百科事典 第2版の解説

メガネザル【メガネザル(眼鏡猿) tarsier】

霊長目メガネザル科の原猿の総称。タルシアともいう。1科1属で,フィリピン南部に生息するフィリピンメガネザルTarsius syrichta,セレベス地方に生息するセレベスメガネザルT.spectrum,ボルネオ・スマトラ地方に生息するホースフィールドメガネザルT.bancanus(イラスト)の3種がいる。頭はまるく大きく,顔は鼻口部の突出がきわめて弱いため平面的で,前に向いた非常に大きな目は樹上での立体視につごうがよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android