コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゅう チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう[連語]

[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化。上代語》…という。
「楽浪(ささなみ)の連庫(なみくら)山に雲居れば雨そ降る―帰り来(こ)我が背」〈・一一七〇〉

ちゅう[副・名]

[副]
小鳥やネズミの鳴き声を表す語。「子ネズミがちゅうと鳴く」
液体をすするさま。また、その音を表す語。「汁をちゅうとすする」
[名](スル)俗に、接吻(せっぷん)のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅう

( 副 )
ネズミの鳴き声を表す語。
水などをすすりこむ音を表す語。
( 名 )
俗に、接吻せつぷんをいう語。

ちゅう

( 連語 )
〔助詞「と」に動詞「いふ」の付いた「といふ」の転〕
…という。 「楽浪ささなみの連庫なみくら山に雲居れば雨そ降る-帰り来我が背/万葉集 1170」 〔現代語でも方言的な言い方として用いられることがある。「なん-ことだ」〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちゅうの関連キーワード常磐津小文字太夫(7代)常磐津松尾太夫(2代)愛知県名古屋市東区筒井鳥取県鳥取市新品治町東京都小平市学園西町広島県福山市寺町エレクトロタイプうちなんちゅうやまとんちゅうネマトーダ田中栄信言外宗忠年中行事悟性概念上田生々厳中周噩広島薬缶ブラスネズミ平元結

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちゅうの関連情報