ちゅう(読み)チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう[副・名]

[副]
小鳥やネズミの鳴き声を表す語。「子ネズミがちゅうと鳴く」
液体をすするさま。また、その音を表す語。「汁をちゅうとすする」
[名](スル)俗に、接吻(せっぷん)のこと。

ちゅう[連語]

[連語]《格助詞「と」に動詞「い(言)う」の付いた「という」の音変化。上代語》…という。
「楽浪(ささなみ)の連庫(なみくら)山に雲居れば雨そ降る―帰り来(こ)我が背」〈・一一七〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅう

( 副 )
ネズミの鳴き声を表す語。
水などをすすりこむ音を表す語。
( 名 )
俗に、接吻せつぷんをいう語。

ちゅう

( 連語 )
〔助詞「と」に動詞「いふ」の付いた「といふ」の転〕
…という。 「楽浪ささなみの連庫なみくら山に雲居れば雨そ降る-帰り来我が背/万葉集 1170」 〔現代語でも方言的な言い方として用いられることがある。「なん-ことだ」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちゅうの関連情報