コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシダ

世界大百科事典 第2版の解説

メシダ【Athyrium】

山地の林下に生じるシダ植物メシダ科の多年草。広義のメシダはエゾメシダとミヤマメシダをさし,狭義にはエゾメシダA.brevifrons Nakaiをさす。エゾメシダは夏緑性。根茎は斜上し,葉を叢生(そうせい)する。葉柄は葉身と同長から半分,基部には茶褐色,披針形で,全縁の鱗片が密生する。葉身は広卵状披針形,長さ40~60cm,幅20~40cm,草質で,3回羽状に深裂する。羽片は線状披針形。小羽片は羽状に深裂して,葉縁は鋭鋸歯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メシダ
めしだ / 雌羊歯
[学]Athyrium brevifrons Nakai ex Kitagawa

オシダ科の夏緑性シダ。葉は長さ1メートルになり、3回羽状深裂で柔らかく無毛である。葉身は基部がやや狭まる。葉柄には、披針(ひしん)形ないしは広披針形で暗褐色の鱗片(りんぺん)がまばらにつく。胞子嚢(のう)群は棒状から鉤(かぎ)形をなし、包膜も同形で、辺縁は糸状に裂ける。北海道の山地では普通にみられ、本州北部でもまれに産する。和名は欧米に分布するA. filix-feminaの直訳であるが、これと本種とはわずかな差があり、区別するときには本種をエゾメシダとよぶこともある。本種と外見はよく似るが、葉柄が短くつやのある黒色の鱗片をもつミヤマメシダA. melanolepisは、東北地方から中部地方の針葉樹林帯にみられる。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メシダの関連キーワードメシダ(雌羊歯)マメヅタ(豆蔦)キンモウワラビポリポディウムウスヒメワラビコウヤワラビイヌガンソクゲジゲジシダヘビノネゴザヒメワラビ蛇の寝御座ハシゴシダシケチシダクサソテツウサギシダイヌワラビヘラシダナヨシダミゾシダシダ砂岩

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android