メソニエ(Juste-Aurèle Meissonier)(読み)めそにえ(英語表記)Juste-Aurèle Meissonier

  • 1695―1750

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの装飾工芸家、銅版画家、金工家、建築家。イタリアのサボイア家の宮廷彫刻・金工家であったフランス人を父に、トリノで生まれる。父の工房で修業を始め、1720年パリに移り、最初ゴブラン織の仕事に従事する。24年国王御用の金銀細工師、26年に国王の室内装飾家に任じられる。彼がもっとも意欲的に行ったのは建築の設計であるが、実現された計画は少なく、26年のパリのサン・シュルピス教会堂のファサード案は不採用に終わり、36年のワルシャワのビユリンスキ伯爵の鏡の間も現存しない。

 彼は建築や室内装飾の図面に加えて、幻想的な洞窟(どうくつ)や噴水、滝、廃墟(はいきょ)、祝祭用のパビリオン、貝殻細工に至る自らの創案を34年から銅版画集で刊行した。このアルバムによって、均衡を尊重する古典主義の原則を排し、自由奔放に曲線が展開する彼の綺想(きそう)あふれる形態が世に知られる。彼の装飾モチーフは、ロココ様式のなかでももっとも目を見張らせる斬新(ざんしん)な意匠であり、パリをはじめヨーロッパ中に流布した。パリに没。

[上村清雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android