コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メソニエ メソニエMeissonier, Jean-Louis-Ernest

3件 の用語解説(メソニエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メソニエ
メソニエ
Meissonier, Jean-Louis-Ernest

[生]1815.2.21. リヨン
[没]1891.1.31. パリ
フランスの画家。 1830年パリに出て L.コニエに学び,34年サロンに初出品。ナポレオン1世の戦役に取材した歴史画や,オランダの 17世紀の画家たちの影響を受けた風俗画を描き,40年代中葉から名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メソニエ
メソニエ
Meissonier, Juste-Aurèle

[生]1693/1695. トリノ
[没]1750.7.31. パリ
イタリア生れのフランスの建築家,室内装飾家,彫刻家,画家,金細工師。イタリアに学び,バロックの建築家 F.ボロミーニの影響を受けた。ロココ様式の創始者の一人で,1724年ルイ 15世の金細工師に,26年国王の寝室とキャビネットデザイナーに任命され,28年には,王の寝室のためのシャンデリアで,ロココデザインを初めて表現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メソニエ【Juste‐Aurèle Meissonnier】

1695‐1750
フランス・ロココ期の装飾家,デザイナー。プロバンス出身の宮廷彫金師の息子としてトリノに生まれ,1720年パリに出て,24年にゴブラン製作所の王室専属の金銀細工師,次いで26年J.ベランの後を継いで王室の図案師に任ぜられた。ピトレスク(絵画風)と呼ばれる華麗で幻想的なロココの装飾様式を確立した創始者の一人である。現存する約120枚の銅版による装飾デザイン集は,メソニエの大胆なアシンメトリー(左右非対称)の特色を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

メソニエの関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇日本海および海底地名の変更要求教科支援エキスパートLGBTとカミングアウト浅田宗伯朝夷巡島記

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone