コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタカラコウ

3件 の用語解説(メタカラコウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

メタカラコウ

オタカラコウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メタカラコウ【Ligularia stenocephala (Maxim.) Matsum.et Koidz.】

深山の湿った草原に生えるキク科の多年草イラスト)。しばしば群生する。茎は高さ100cmに達し,多数の根出葉をつけ,少数の茎葉をつける。根出葉は長柄があり,葉身は3角状心形である。茎葉は3枚内外,上のものほど小さく,葉柄も短くなる。いずれも葉柄の基部が広くなって,葉鞘(ようしよう)となり茎を包む。花期は6~9月。密な総状花序に多数の頭花をつけ,下の頭花から上の頭花へと順に開花していく。頭花は周辺に1~3個の雌性の舌状花があり,中に6~7個の両性の筒状花がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタカラコウ
めたからこう
[学]Ligularia stenocephala (Maxim.) Matsum. et Koidz.

キク科の多年草。茎はやや花茎状で高さ約1メートル、茎葉を2、3枚つける。根出葉は長い柄があり、矛形で先はとがり、基部は心形、縁(へり)にそろった歯牙(しが)がある。7~9月、茎頂に長い総状花序をつくり、頭花を多数つける。頭花には舌状花が1~3個あり、近縁のオタカラコウと区別される。高原や山地の湿草地に生え、本州から九州、および中国大陸中南部、台湾に分布する。名は、オタカラコウに似るが、葉、頭花がともに優しい感じがあることによる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メタカラコウの関連キーワード雄宝香黄苑小梅蕙草水蘭田村草深山金梅紅葉唐松東菊菊薊水菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メタカラコウの関連情報