コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタクサス メタクサスMetaxas, Ioannis

2件 の用語解説(メタクサスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタクサス
メタクサス
Metaxas, Ioannis

[生]1871.4.12. イサキ島
[没]1941.1.29. アテネ
ギリシアの軍人,政治家。 1890年士官学校を卒業し,97年ギリシア=トルコ戦争に参加。その後ドイツへ留学し,1903年帰国。バルカン戦争を経て 13~15年参謀長。第1次世界大戦では中立を主張したが,連合国の圧力でコンスタンチヌス国王が退位し,17年6月ギリシアはドイツに宣戦したため 20年に軍を辞する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メタクサス【Ioánnes Metaxás】

1871‐1941
ギリシアの将軍,政治家。プロイセン軍事アカデミーに学ぶ。ギリシア・トルコ戦争(1897),バルカン戦争(1912‐13)で功をあげ1916年将軍となる。第1次大戦ではギリシアの中立を守ることを主張し,ベニゼーロスの提唱するトルコ領西アナトリア攻略(1921‐22)には強く反対した。政治的には王党派で,王政廃止(1924)とともにいったん亡命したが,のち共和制政府内の閣僚も務める。その後も王党派の党主として政府に反対し続け,ゲオルギオス2世の復位(1935)にともない首相に任命され,36年8月には国王の認可を得て独裁政を施行するにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメタクサスの言及

【ギリシア】より

… 世界恐慌ののち社会不安が高まる一方であった35年,コンディリス将軍は政権をとるとすぐ国民投票により王政を復活し,ゲオルギオス2世が復位した。ついで36年首相となったメタクサス将軍は王政反対の社会騒擾(そうじよう)を見てとるや戒厳令を発し,ファシスト的独裁制の下に国会停止,共和派の弾圧,言論の統制などを行った。折から第2次大戦が勃発。…

※「メタクサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

メタクサスの関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone