コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタクサス Metaxas, Ioannis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタクサス
Metaxas, Ioannis

[生]1871.4.12. イサキ島
[没]1941.1.29. アテネ
ギリシアの軍人,政治家。 1890年士官学校を卒業し,97年ギリシア=トルコ戦争に参加。その後ドイツへ留学し,1903年帰国。バルカン戦争を経て 13~15年参謀長。第1次世界大戦では中立を主張したが,連合国の圧力でコンスタンチヌス国王が退位し,17年6月ギリシアはドイツに宣戦したため 20年に軍を辞する。メタクサスは国王復位後の 21年帰国。 21~22年ギリシア=トルコ戦争でギリシアの敗北後,ベニゼロスの失脚,王の交代など,王党派共和派の抗争が繰返され,35年に立憲君主制が復活し,36年4月メタクサスは首相に就任,戒厳令を敷いて議会政治の停止,言論の統制,共和派などの弾圧を断行し,独裁政治を行なった。 40年 10月,イタリアのギリシア侵入から連合国側についたが,戦いの途中死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メタクサス【Ioánnes Metaxás】

1871‐1941
ギリシアの将軍,政治家。プロイセン軍事アカデミーに学ぶ。ギリシア・トルコ戦争(1897),バルカン戦争(1912‐13)で功をあげ1916年将軍となる。第1次大戦ではギリシアの中立を守ることを主張し,ベニゼーロスの提唱するトルコ領西アナトリア攻略(1921‐22)には強く反対した。政治的には王党派で,王政廃止(1924)とともにいったん亡命したが,のち共和制政府内の閣僚も務める。その後も王党派の党主として政府に反対し続け,ゲオルギオス2世の復位(1935)にともない首相に任命され,36年8月には国王の認可を得て独裁政を施行するにいたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメタクサスの言及

【ギリシア】より

… 世界恐慌ののち社会不安が高まる一方であった35年,コンディリス将軍は政権をとるとすぐ国民投票により王政を復活し,ゲオルギオス2世が復位した。ついで36年首相となったメタクサス将軍は王政反対の社会騒擾(そうじよう)を見てとるや戒厳令を発し,ファシスト的独裁制の下に国会停止,共和派の弾圧,言論の統制などを行った。折から第2次大戦が勃発。…

※「メタクサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メタクサスの関連キーワードヨアニス メタクサスヤニス イオアニデスエレフテリアス広場ゲオルギオス4月12日ゼルバスパパゴス

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android