コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メチルエーテル methyl ether

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メチルエーテル
methyl ether

ジメチルエーテル (CH3)2O の略称。沸点-24℃。冷却剤として用いられる無色,快香をもつ気体。メチルアルコールに硫酸を加えて熱すれば生じる。またメチルアルコールからホルムアルデヒドを製造するとき副生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メチルエーテル
めちるえーてる
methyl ether

一般にはアルコールやフェノールのヒドロキシ基の水素原子をメチル基で置換したエーテル類ROCH3(ここでRは脂肪族あるいは芳香族の炭化水素基)のことをいう。狭義にはジメチルエーテルをさす。これはメタノール(メチルアルコール)から触媒上でメタノール2分子から1分子の水を脱離させて製造する。常温で無色のエーテル臭の気体。冷却剤としても用いられることがあるが引火しやすい。エタノール(エチルアルコール)に溶けやすく、また低温で塩化水素と付加体をつくる。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メチルエーテルの関連キーワードメチルエーテル(データノート)カルボキシメチルセルロースオキソニウム化合物エーテル(化学)メチルセルロース石油エーテルグアヤコール石油代替燃料ジアゾメタンメトキシル基ガス化学工業エーロゾル剤硫酸ジメチルアネトール一分子反応スプレー缶メタノールアニソール液体燃料燃料電池

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android