コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メドハギ

百科事典マイペディアの解説

メドハギ

日本全土,東アジア川原原野にはえるマメ科多年草。茎は硬く直立してよく分枝し,倒披針形で長さ7〜25mmの小葉3枚からなる葉を密につける。花期は8〜10月。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メドハギ
めどはぎ / 目処萩
[学]Lespedeza cuneata (Du Mont. d. Cours.) G. Don

マメ科の多年草。茎は直立し、高さ0.5~1メートル、上部でよく分枝する。葉は3小葉からなり、小葉は倒披針(とうひしん)形で長さ1~2.5センチメートル、基部はくさび形。葉腋(ようえき)にごく短い花序をつくり、花を数個開く。花は真正花と閉鎖花の2型があり、真正花は蝶(ちょう)形で長さ5~7ミリメートル。旗弁は黄白色、基部は紫色を帯びる。閉鎖花は花弁、雄しべともに退化する。果実はほぼ円形で長さ約3ミリメートル、茶褐色である。日本全土の日当りのよい草地、道端、川原などに生え、広くアジアに分布する。近縁のハイメドハギは本種に似るが、茎、枝ともに地面をはい、花は紫みが強く、普通、翼弁や竜骨弁に紫斑(しはん)がある。名は、茎を筮(めどぎ)(占いに使う筮竹(ぜいちく))に用いたことによる。[秋山 忍]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メドハギの関連キーワードツバメシジミマルカメムシハギ(萩)蓍に削り花女止久佐キチョウ筮・蓍基部ハギ秋山蓍草山箒蓍木女止

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メドハギの関連情報