コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メバエ メバエ Conopidae; thick-headed fly

2件 の用語解説(メバエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メバエ
メバエ
Conopidae; thick-headed fly

双翅目メバエ科に属する昆虫の総称。体長4~10mm。体形,色彩がハチに似るものが多い。頭部は胸部より幅広く,大きな複眼をもつのでその名がある。触角は3節で長く突出し,特に第2節が長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メバエ
めばえ / 眼蠅
thick-headed flieswasp flies

昆虫綱双翅(そうし)目短角亜目ハエ群メバエ科Conopidaeの総称。この科のハエは、小形ないし中形で、頭部が大きく、ハチに似た形状と色彩をもつ。触角は長いものと短いものがあり、口吻(こうふん)は細長く、膝(ひざ)状に折り曲げている。単眼は亜科によっては存在しない。胸部は大きいが、しかし頭幅のほうがやや広い。はねは長く、亜前縁脈は長くて第1径脈に接して終わり、第5径室は狭く開口するか、または閉口。基室は長い。脚(あし)は太くてじょうぶであり、つめは発達する。腹部の基部は狭くなり、腹部末端は下方へ湾曲し、雌雄とも生殖器は大形で特異な発達をする。花に集まる。幼虫は寄生性であって、その宿主は膜翅目、双翅目、直翅目の昆虫である。卵の一端には鉤(かぎ)状の突起があり、成虫は飛びながら宿主の体に産卵する。
 代表種のマダラメバエMyopa baccataは、体長6~11ミリメートル、翅長4~8ミリメートル。体は主として赤褐色。口吻は長く、胸部の長さよりもやや長い。頭部は淡黄色で、前額にはY字形の赤褐色紋があり、頬(きょう)部は広く黄白色。触角は橙黄(とうこう)色で短く、一般的にもっとも長いのは第2節である。胸部背面はほぼ正方形で、太い黒色の3縦条がある。はねは褐色を帯び、輪郭の不明瞭(ふめいりょう)な透明紋がある。脚はじょうぶでとくに各腿節(たいせつ)は太い。本州、四国、九州、中国に分布する。
 チャイロフタオレメバエSicus abdominalisは、体長10ミリメートル、翅長8ミリメートル。体は主として褐色。触角は短く、一般的に第2節が長い。第3節は楕円(だえん)形、触角刺毛は太くて短い。胸部背面には太い黒色の小字形紋が明瞭。はねは一様に褐色を帯びる。腹部第3節以下は濃褐色で、各節前縁部両側には灰白色粉からなる三角形の側紋が認められる。本州、四国、中国に分布する。[伊藤修四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メバエの関連キーワードキンバエケバエ蚤蠅コウモリバエチョウバエ(蝶蠅)ニクバエ(肉蠅)ノミバエ(蚤蠅)フンバエ(糞蠅)ムギハモグリバエ(麦潜葉蠅)ヤドリバエ(寄生蠅)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone