コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラー・ファン・デン・ブルック メラー・ファン・デン・ブルックMöller van den Bruck, Arthur

2件 の用語解説(メラー・ファン・デン・ブルックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラー・ファン・デン・ブルック
メラー・ファン・デン・ブルック
Möller van den Bruck, Arthur

[生]1876.4.23. ゾーリンゲン
[没]1925.5.30. ベルリン
ドイツの文芸評論家,思想家。「第三帝国」の命名者として知られる。青年時代にはパリのほかイタリアなどに長く滞在,F.ニーチェの影響の濃い文学論,造形美術論を多く発表する一方,最初のドイツ語ドストエフスキー全集を監修した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メラー・ファン・デン・ブルック
めらーふぁんでんぶるっく
Arthur Moeller van den Bruck
(1876―1925)

ドイツの評論家。第二帝政を嫌悪し、一時フランス、イタリアに住んだが、ここでドイツ人意識を強くもつこととなった。1918年の十一月革命ののち、雑誌『良心』Das Gewissenを刊行し、「若き保守主義グループの理論的指導者として、「東方の若い諸民族(スラブ人)」「技術的に優れた北アメリカ人」「世界観的・文化的才能をもつドイツ人」に「老いた西欧」の克服、「土地(ラウム)と民族」の再編を期待した。その著書『第三帝国』(1923)において、マルクス主義、自由主義を激しく批判し、ナショナリズムと社会主義とを総合する「革命的保守主義」を唱え、青年層に大きな影響を与えた。この意味でナチズムへの道を開いたといえるが、彼にはナチズムの特質とされる人種論的観点はなかった。[吉田輝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メラー・ファン・デン・ブルックの関連キーワード秋月の乱スラブ音楽ロダン今村百八郎太田黒伴雄フェルサイト片岩熔岩リットン報告書大田黒伴雄神風連の乱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone