コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリリャ Melilla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリリャ
Melilla

アフリカ北部,地中海に面するスペイン飛び領の重要都市。同じくスペインの飛び領であるセウタの東南東約 220kmに位置し,モロッコ領土とは壁をめぐらして厳重に分離されている。アラブ風の旧市街は高い岩山に位置し,その南から西方に近代的な新市街が広がっている。古代はフェニキアカルタゴ,ローマの植民市でルサディルと呼ばれていた。その後ベルベル人に領有されたが,1497年スペインに占領され現在にいたる。 19世紀末の人口はわずか 3000人程度であったが,1914年港湾施設が完成し,後背地にスペイン人が居住するようになってから急速に発展。モロッコの鉄鉱石や鉛鉱石の積出港として重要である。面積 14km2。人口5万 6661 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メリリャ

アフリカ大陸北端の地中海岸にある港町で、スペインの自治都市。人口約6万5千人。1497年からスペインが領有し、同じ飛び地領のセウタとともに、欧州とアフリカが陸の国境を接する。<フランスの暴動>パリ郊外クリシースボワで昨年10月末、アフリカ系の少年2人が変電所で感電死した事故が発端となり暴動が拡大。アフリカ系やアラブ系移民が多い都市郊外を中心に、3週間で全国で約1万台の車が放火された。仏政府は非常事態法を発動し、一部で夜間外出を禁止する一方、移民への雇用差別解消を約束した。

(2006-01-01 朝日新聞 朝刊 1外報)

メリリャ

アフリカ大陸北岸、モロッコに隣接するスペインの飛び地領。広さ約12平方キロ、人口約8万人。港湾都市として古代フェニキア人が建設した。地中海貿易の拠点などとして様々な勢力に支配されてきた。15世紀末、イベリア半島からイスラム勢力を追い出したスペイン王国はアフリカ大陸に上陸。メリリャを自国領とした。同じくスペインの飛び地領セウタとともにモロッコが領有を主張しているが、スペインは応じていない。

(2017-09-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

メリリャ(Melilla)

北アフリカ、地中海に面するスペイン領の港湾都市。モロッコ北端のトロワフルシェ岬に位置する飛び地。フェニキア人によって建設され、カルタゴ、ローマの支配を経て、8世紀にイスラム教徒に征服された。15世紀末よりスペイン領。港近くにはシウダデーラとよばれる16世紀建造の城壁に囲まれた旧市街があり、アラブ風の街並みが残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

メリリャ

モロッコの北部,地中海岸にあるスペイン領の港湾都市。鉄鉱石の輸出港で,漁業の中心。食品工業,船舶修理などが行われる。古代フェニキア,ローマの植民市で,8世紀以降イスラム教徒が支配したが,レコンキスタが進む中,1497年スペインに占領された。
→関連項目スペインモロッコ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メリリャ【Melilla】

北アフリカ,モロッコ北東部地中海岸にあるスペイン領の港湾都市。人口6万5000(1995)。アラビア語でマリーラMalīla。フェニキア人によって建設され,ローマ,ビザンティンなどの支配を経て8世紀初めにイスラム教徒に征服された。15世紀末イベリア半島からイスラム勢力を駆逐したスペイン,ポルトガルは,余勢を駆ってマグリブ諸国の港に軍船を送り,ここは1497年スペイン領となった。漁港,商港であるが,背後の山地で産出する鉄鉱石の積出港ともなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリリャ
めりりゃ
Melilla

北アフリカ、モロッコ北東部、地中海岸にあるスペイン領の港湾都市。トロワフルシェ岬の基部に位置し、行政的には本国マラガ州の飛び地である。面積14平方キロメートル。人口6万6411(2001)のうち、スペイン人が90%を占める。自由港である商港と、地中海の重要な漁業基地である漁港をもつ。また背後のリーフ山脈東部にあるケラタ鉱山で採掘される鉄鉱石や鉛鉱石の積出し港としても知られる。工業は建材、食品加工、船舶修理などがある。
 フェニキア人が建設し、ルサディールとよばれた古い都市で、カルタゴ、ローマが相次いで占領し植民地とした。8世紀初めにイスラム教徒が征服し、中世にはフェズなど内陸都市の外港であった。15世紀末スペイン、ポルトガルはイベリア半島からイスラム勢力を駆逐し、余勢を駆ってマグレブ諸地方の港を占領したが、メリリャは1497年にスペイン領となった。16世紀以後、何回かモロッコに奪回されたが、1926年最終的にスペイン領となり39年本国の一部となった。1912年にスペインに分割されたモロッコ北東部の主権を1956年モロッコが回復してからも、メリリャはセウタなどとともにスペイン領として残り現在に至っている。市街はメディナとよばれるアラブ風の旧市街と、スペイン風の新市街とに分かれる。旧市街は高所を占め16世紀の城壁を備えている。新市街はその南西にあり海岸にかけて広がっている。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メリリャの関連キーワードフェルナンド アラバールF. アラバルアラバールリフ戦争ナドールベルベルアラバルナドル西班牙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリリャの関連情報