コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モササウルス

4件 の用語解説(モササウルスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

モササウルス

白亜紀後期の海生爬虫(はちゅう)類。体長約6m。海中生活に完全に適応したトカゲウミトカゲ)ともいえる。大型の細長い体に,櫂(かい)状の四肢を備える。化石は南北アメリカヨーロッパなどから広く見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉の解説

モササウルス(〈ラテン〉Mosasaurus)

中生代白亜紀の海に生息した肉食の大形爬虫(はちゅう)類。吻(ふん)が長くワニに似るが、四肢はひれ状。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モササウルス【Mosasaurus】

有鱗目のトカゲ亜目Lacertilia(=Sauria)に属する巨大な絶滅水生爬虫類イラスト)。白亜紀の後半に出現し,当時もっとも獰猛(どうもう)な動物であったと思われる。全長は最大で約10m。モササウルスMosasauridaeをつくり,その中にはMosasaurus,Clidastes,Kolposaurus,Dollosaurus,Prognathosaurus,Tylosaurus,Hainosaurus,Globidensなどの属がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モササウルス
もささうるす
mosasaur
[学]Mosasaurus missouriensis

中生代白亜紀後期の、約9960万年~6550万年前に浅海に栄えた肉食の大形海生爬虫(はちゅう)類。海トカゲ竜もしくは蒼(そう)竜ともよばれ、分類上はトカゲ目の一つ。この仲間にはいくつかの属が知られており、モササウルスのほかにティロサウルスTylosaurus、プロトサウルスProtosaurus、クリダステスClidastesなどが著名である。大きさも全長3~15メートルと多様であった。ベルギーやアメリカのカンザス州からの産出が多い。日本でも北海道の函渕(はこぶち)層群や、本州、四国、淡路(あわじ)島の和泉(いずみ)層群で多く報告されている。いずれも性格が凶暴であったようで、下あごやひれに傷跡があったり切断されたりしていることが多い。体や尾の外観はワニ類に似るが、対(つい)の肢(あし)は水かき状のひれを形成し、細長く伸びたあごには鋭い歯を備える。歯は大きく円錐(えんすい)形で丸みを帯びた基部が歯槽(しそう)中に植立する。この歯でかみつかれたアンモナイトの殻といわれた標本が化石として発見されたが、疑問も呈されている。巻き貝による穿孔(せんこう)跡の可能性がある。また19世紀後半にオランダとフランスの間でモササウルスの頭骨を争って法廷沙汰(ざた)となったり、戦争による戦利品とされた話は有名である。[小畠郁生]
『小畠郁生著『白亜紀の自然史』(1993・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モササウルスの関連キーワード脈翅類有鱗類足無蜥蜴襟巻蜥蜴大蜥蜴コモド大蜥蜴飛蜥蜴スキンク毒蜥蜴盃のなかのトカゲ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モササウルスの関連情報