コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モズモドキ モズモドキ Vireonidae; vireos, greenlets

2件 の用語解説(モズモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モズモドキ
モズモドキ
Vireonidae; vireos, greenlets

スズメ目モズモドキ科の鳥の総称。約 60種からなり,全長 10~18cm。すべて南アメリカ北アメリカに分布する。雌雄同色で,大部分の種は上背面が淡黄色,オリーブ色,灰色などで,腹面は白または淡黄色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モズモドキ
もずもどき
vireo

鳥綱スズメ目モズモドキ科に属する鳥の総称。この科Vireonidaeの仲間は、北アメリカ南アメリカにわたる新世界に分布し、44種ほど知られている。全長10~18センチメートルの小形の鳥で、じみな灰褐色や草色のものから、黄色や白、黒ではでな色彩のものまでさまざまである。頸(くび)は短く、また、短くてじょうぶな足の前方の3本の指は元でくっついている。嘴(くちばし)はやや大きく先がとがり、上嘴の先は鉤(かぎ)のように下方へ曲がっている。樹林にすみ、高木や低木の葉の茂みで昆虫をとるが、果実も食べる。アカメモズモドキVireo olivaceusは、この科では北アメリカでもっとも普通の種である。ハイガシラモズモドキHylophilus decurtatusは中央アメリカの降雨林にいて、木の葉につり下がって虫をとる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モズモドキの関連キーワードオオハシモズ鳴禽類楓鳥花鳥猿子知目鳥百舌モズヒタキモズモドキ(鵙擬)ヤブモズ(藪百舌)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone