モッコウバラ

百科事典マイペディアの解説

モッコウバラ

中国原産のバラ科のつる性落葉低木で,庭木とし垣根などにはわせる。枝にとげはなく,羽状複葉小葉は3または5枚。5月ごろ枝先に散房状に白または淡黄色八重咲の花をつける。白色花には芳香がある。結実はせず,3月にさし木でふやす。同じく中国原産で古く渡来したコウシンバラはチョウシュン(長春)とも呼ばれる。とげの少ない常緑の低木で,花には一重と八重があり,花色は濃紅〜淡桃,白色花もある。花期はおもに5月だが四季咲性があって,現代バラの最重要系統であるハイブリッド・ティーの原種の一つとなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モッコウバラ
もっこうばら / 木香薔薇
[学]Rosa banksiae Aiton

バラ科の落葉藤本(とうほん)(つる植物)。茎は伸びて長さ6メートル以上に達し、最初明緑色で古枝は茶褐色となる。枝、幹、茎葉すべてに刺(とげ)がない。小葉は3~5枚、長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形で明緑色、裏面に毛、中央脈の基部に軟毛があり、縁(へり)に細鋸歯(さいきょし)がある。葉軸に短毛があり、托葉(たくよう)は線形でのちに脱落する。5月、枝先に散房花序をつくり、径3~4センチメートルの花を10~20個開く。萼片(がくへん)は5枚、長楕円状披針形で外面は無毛、内側は毛がある。萼筒は半球形。名は、花の香りがモッコウ(キク科の多年草)に似ることによる。中国南西部に分布する。江戸時代から庭園樹として用いられる。
 花が白色のシロモッコウバラと、黄色のキモッコウバラがある。シロモッコウバラは花弁数70~130枚の八重咲きで、香りが強い。1807年(文化4)、ウイリアム・ケールにより紹介されたもので、岩崎灌園の『本草図譜』(1830)には「すだれいばら」として出ている。キモッコウバラは、性状はシロモッコウバラとまったく同じであり、花弁は純黄色で、花弁数は約100枚。[鈴木省三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモッコウバラの言及

【バラ(薔薇)】より

…2n=14。(5)モッコウバラR.banksiae R.Br.(英名Bank’s rose) 常緑のつる性で,とげは少ない。小葉は3~5枚。…

※「モッコウバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モッコウバラの関連情報