コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モッセ Mosse, Albert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モッセ
Mosse, Albert

[生]1846.10.1.
[没]1925.5.31. ベルリン
ドイツの公法学者。医師の家に生れ,ベルリン大学に学んだ。 R.グナイストの愛弟子で,ベルリン市裁判所判事在職中,日本公使館顧問となり,1882年憲法取調べのため渡欧した伊藤博文に,グナイストの推薦で憲法と行政法を詳述したのが『莫設氏講義筆記』として残っている。 86年5月内閣および内務省法律顧問として来日,大日本帝国憲法の制定に貢献。また,地方制度創設のため,87年地方制度編纂委員会の委員となり,その起草した「地方官制及共同行政組織要領」を基礎に同委員会を指導してつくったのが,88年4月公布の市制及町村制である。在任中の功によって勲3等旭日章を贈られた。 90年4月帰国ケーニヒスベルク高等裁判所判事,ケーニヒスベルク大学の名誉教授として講義も行なった。のちベルリンに移り,同市参事として市政にも尽した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モッセ(Albert Mosse)

[1846~1925]ドイツ法律家。1886年(明治19)来日し、内閣および内務省法律顧問として、地方行政制度の創設や憲法制定について助言した。90年に帰国。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モッセ

ドイツの法学者。グナイスト高弟として1886年来日,1890年まで日本政府の顧問となり,憲法や市制・町村制の立案に貢献した。彼の立場は君権至上主義であり,両院同権の二院制,制限間接選挙制は彼の主張によるものだといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モッセ Mosse, Albert

1846-1925 ドイツの法学者。
1846年10月1日生まれ。ベルリン市裁判所判事。明治15年(1882)憲法調査のためドイツをおとずれた伊藤博文らに,師のグナイストにかわって講義。19年内閣・内務省法律顧問として来日し,市制,町村制の原案を起草した。23年帰国。のちケーニヒスベルク大名誉教授。1925年5月31日死去。78歳。ベルリン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

モッセ

没年:1925.5.30(1925.5.30)
生年:1846.10.1
ドイツの法律家,お雇い外国人。父は1848年ポーランドのポズナニで反プロシャ暴動に参加した医師,兄ルドルフは報道・広告のモッセ・コンツェルン創業者で『ベルリナー・ターゲブラット』紙社長。ベルリン大でグナイストの指導を受け,1882~83年憲法調査にきた伊藤博文に憲法,行政法を講じた。明治19(1886)年政府に招聘され来日,憲法起草に協力,山県有朋内相の諮問に答え,市制,町村制を起草して,地方制度の骨格を作った。1890年帰国後はケーニヒスベルクの裁判官,また同市の大学で裁判法,商法,民事訴訟法を講じ,名誉教授となる。1907年ベルリンに戻り,全国都市連合会議長,ドイツ・ユダヤ人連合副会長などを務めた。

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モッセ【Albert Mosse】

1846‐1925
ドイツの法学者。ポーランドのユダヤ系医師の子として生まれる。兄は《ベルリーナー・ターゲブラット》紙の創業者で,出版・広告コンツェルンを一代で築いたルドルフ・モッセRudolf M.(1843‐1920)。ベルリン大学法学部でグナイストに師事した。その後裁判官を務めたが,グナイストの推薦で,訪欧した伊藤博文一行に憲法,行政法を講じた(《莫設氏講義筆記》)。内閣および内務省顧問として1886年来日,レースラーとともに憲法起草に当たった井上毅らを助けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モッセ【Albert Mosse】

1846~1925) ドイツの法律学者。グナイストの門弟。伊藤博文らの憲法調査に際し、プロイセン憲法・行政法を講じた。1886年(明治19)来日、内閣および内務省法律顧問として、地方自治制度の確立に貢献。90年帰国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モッセ
もっせ
Albert Mosse
(1846―1925)

ドイツの法律家。ベルリン大学に学び、グナイストの影響を受けた。ベルリン市裁判所判事在任中、在ドイツ日本公使館の顧問となった。伊藤博文(いとうひろぶみ)らが憲法調査に渡欧した際、グナイストとともに伊藤らに1882年から翌1883年にかけてプロイセン憲法の講義を行った。その記録は同行した伊東巳代治(いとうみよじ)によって『莫設(モツセ)氏講義筆記』と題してまとめられた。1886年(明治19)明治政府の法律顧問として来日し、ロエスレルとともに憲法(大日本帝国憲法)制定に関し多くの討議をしたばかりでなく、とくに地方制度の創設に寄与した。1888年4月制定公布された市制・町村制は、ドイツの地方制度を範とした彼の案に基づくものであった。1890年帰国し、ケーニヒスベルク高等裁判所判事などを務めた。[佐藤篤士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

モッセ

生年月日:1846年10月1日
ドイツの公法学者
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

モッセの関連キーワードシュレーダー(Gerhard Schröder、ドイツ連邦共和国首相)ゲアハルト シュレーダールイ オイストハイセンルイ ウェストヘーゼンA. モッセシュレーダー大森 鐘一群集心理生年月日ノキア没年門弟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モッセの関連情報