コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モッセ モッセ Mosse, Albert

8件 の用語解説(モッセの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モッセ
モッセ
Mosse, Albert

[生]1846.10.1.
[没]1925.5.31. ベルリン
ドイツの公法学者。医師の家に生れ,ベルリン大学に学んだ。 R.グナイスト愛弟子で,ベルリン市裁判所判事在職中,日本公使館顧問となり,1882年憲法取調べのため渡欧した伊藤博文に,グナイストの推薦で憲法と行政法を詳述したのが『莫設氏講義筆記』として残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モッセ(Albert Mosse)

[1846~1925]ドイツの法律家。1886年(明治19)来日し、内閣および内務省法律顧問として、地方行政制度の創設や憲法制定について助言した。90年に帰国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モッセ

ドイツの法学者。グナイストの高弟として1886年来日,1890年まで日本政府の顧問となり,憲法や市制・町村制の立案に貢献した。彼の立場は君権至上主義であり,両院同権の二院制,制限間接選挙制は彼の主張によるものだといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モッセ Mosse, Albert

1846-1925 ドイツの法学者。
1846年10月1日生まれ。ベルリン市裁判所判事。明治15年(1882)憲法調査のためドイツをおとずれた伊藤博文らに,師のグナイストにかわって講義。19年内閣・内務省法律顧問として来日し,市制,町村制の原案を起草した。23年帰国。のちケーニヒスベルク名誉教授。1925年5月31日死去。78歳。ベルリン大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

モッセ

没年:1925.5.30(1925.5.30)
生年:1846.10.1
ドイツの法律家,お雇い外国人。父は1848年ポーランドポズナニで反プロシャ暴動に参加した医師,兄ルドルフは報道・広告のモッセコンツェルン創業者で『ベルリナー・ターゲブラット』紙社長。ベルリン大でグナイストの指導を受け,1882~83年憲法調査にきた伊藤博文に憲法,行政法を講じた。明治19(1886)年政府に招聘され来日,憲法起草に協力,山県有朋内相の諮問に答え,市制,町村制を起草して,地方制度の骨格を作った。1890年帰国後はケーニヒスベルクの裁判官,また同市の大学で裁判法,商法,民事訴訟法を講じ,名誉教授となる。1907年ベルリンに戻り,全国都市連合会議長,ドイツ・ユダヤ人連合副会長などを務めた。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モッセ【Albert Mosse】

1846‐1925
ドイツの法学者。ポーランドのユダヤ系医師の子として生まれる。兄は《ベルリーナー・ターゲブラット》紙の創業者で,出版・広告コンツェルンを一代で築いたルドルフ・モッセRudolf M.(1843‐1920)。ベルリン大学法学部でグナイストに師事した。その後裁判官を務めたが,グナイストの推薦で,訪欧した伊藤博文一行に憲法,行政法を講じた(《莫設氏講義筆記》)。内閣および内務省顧問として1886年来日,レースラーとともに憲法起草に当たった井上毅らを助けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モッセ【Albert Mosse】

1846~1925) ドイツの法律学者。グナイストの門弟。伊藤博文らの憲法調査に際し、プロイセン憲法・行政法を講じた。1886年(明治19)来日、内閣および内務省法律顧問として、地方自治制度の確立に貢献。90年帰国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モッセ
もっせ
Albert Mosse
(1846―1925)

ドイツの法律家。ベルリン大学に学び、グナイストの影響を受けた。ベルリン市裁判所判事在任中、在ドイツ日本公使館の顧問となった。伊藤博文(いとうひろぶみ)らが憲法調査に渡欧した際、グナイストとともに伊藤らに1882年から翌1883年にかけてプロイセン憲法の講義を行った。その記録は同行した伊東巳代治(いとうみよじ)によって『莫設(モツセ)氏講義筆記』と題してまとめられた。1886年(明治19)明治政府の法律顧問として来日し、ロエスレルとともに憲法(大日本帝国憲法)制定に関し多くの討議をしたばかりでなく、とくに地方制度の創設に寄与した。1888年4月制定公布された市制・町村制は、ドイツの地方制度を範とした彼の案に基づくものであった。1890年帰国し、ケーニヒスベルク高等裁判所判事などを務めた。[佐藤篤士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モッセの関連キーワード御雇外国人西ドイツバイエル法律家統一ドイツブラウンスシャンドジュウェットハイトケンペルリッテル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モッセの関連情報