コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノアラガイ Radix auricularia japonica; pond snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノアラガイ
Radix auricularia japonica; pond snail

軟体動物門腹足綱モノアラガイ科。淡水貝高 2.5cm,殻径 2cm。殻は黄褐色,薄質半透明,卵形で,螺塔は小さく,体層が非常に大きい。殻口も卵形で大きく,軸唇がねじれている。頭部の触角は太く先のとがった三角形で,その基部に眼がある。雌雄同体。春から夏にかけて,中に 50~200粒の卵の入っている太い紐状の卵塊を地物の上に産む。北海道から九州に分布し,池沼,水田の水草に付着しているが,ときどき水面に浮上して呼吸をする。原種ヒロクチモノアラガイ R.auriculariaは殻のふくらみがさらに強く,殻口が強く外側に張出し,北海道からアジア大陸に広く分布する。北アメリカにも移入されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モノアラガイ

モノアラガイ科の淡水産巻貝。高さ2.5cm,幅2cm。殻は淡黄褐色で薄質。軟体の外套膜は飴(あめ)色で黒斑が散在し,頭部に三角形の触角がある。全国の湖沼,水田などの水底や水草に付着し,ときどき浮いて空気を呼吸する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノアラガイ
ものあらがい / 物洗貝
[学]Radix auricularius japonicus

軟体動物門腹足綱モノアラガイ科の巻き貝。北海道から九州に至る日本全国の池や沼、水田などにすむ淡水産種で、水草などに付着している。殻高25ミリ、殻幅20ミリに達し、全体は卵形で、薄質半透明で飴(あめ)色。螺層(らそう)は四階あるが、体層は非常に大きく、殻高の5分の4を占め、殻口は広い。殻口外唇は薄く、老成すると外側に反る。軸唇には薄い滑層がのっていて、内唇の下ですこしねじれる。触角は広い三角形で、基部に目がある。外套(がいとう)膜の上に大小の黒い斑紋(はんもん)があるのが、薄い殻を透かして見える。夏季に、ゼラチン質の短い紐(ひも)状の卵嚢(らんのう)に入れた卵を、水草の上や水槽の壁面などに産み付ける。有肺類であるから水面近くにきて空気呼吸をするが、幼貝の時代には水中だけにすむ。ウシやウマなどに寄生する肝蛭(かんてつ)などの中間宿主である。最近は移入種のサカマキガイPhysa acutaにニッチ(生態的地位)を奪われた感があり、都会地にはむしろ少なくなった。
 よく似たヒメモノアラガイBakerlymnaea viridisは殻高10ミリぐらいで小形、殻口は本種ほど広がらず、殻の色も黄褐色でつやがある。モノアラガイ同様肝蛭などの中間宿主になる。また、奄美(あまみ)諸島以南にすむコモノアラガイR. a. surnhoeiは殻がずっと細長く、したがって殻口も長く、軸唇のねじれが弱い。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モノアラガイの関連キーワードヒメモノアラガイ(姫物洗貝)モノアラガイ(物洗貝)コシダカモノアラガイヒメモノアラガイオカモノアラガイカンテツ(肝蛭)サカマキガイヘイケボタル腰高物洗貝住血吸虫幼生生殖中間宿主陸物洗貝母性遺伝姫物洗貝媒介動物遅滞遺伝物洗貝ホタル陸生貝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android