コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノグラフ monograph

翻訳|monograph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノグラフ
monograph

一つの社会的単位 (たとえば個人,家族,集団地域社会など) の全生活過程もしくはそのいくつかの側面を,それがおかれた社会的文脈のなかにおいて,詳細に記述した記録。その社会を構成要素の全体関連的,構造的にとらえるところに特徴がある。この結果は一般的法則追究のために用いられたり,その事例自体についての処置資料として用いられたりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

モノグラフ【monograph】

一つの問題だけについて研究した論文。
社会科学で、個人や小集団の生活を多様な角度から分析・調査した調査報告。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

モノグラフ

(1)単行書のこと.(2)学術論文のこと.とりわけフルペーパー,すなわち特定の主題に関する研究成果を,論文として完全で独立した形式にまとめた長めの学術論文のことを指す.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

モノグラフの関連キーワードジェイムズ・フィリップ ノフシンガーワース(Louis Wirth)C. ペイン・ガポシュキンS.W. マックスキー国際標準逐次刊行物番号エバンズ・プリチャードK. イシコヴィッチテオドーア デュレジョン コールマンケース・スタディクーゼンベルクモノグラフィー交通地理学社会人類学社会病理学都市社会学早川孝太郎歴史人口学尾本 義一逐次刊行物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android