コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モハーチの戦い モハーチのたたかいBattle of Mohács

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モハーチの戦い
モハーチのたたかい
Battle of Mohács

1526年8月,ドナウ川右岸のモハーチで行われたオスマン帝国ハンガリーの戦い。バルカンを制圧して北上したオスマン帝国のスレイマン1世は,カルル5世の統治するオーストリアに迫ったが,防御の最前線にはハンガリー王ラヨシュ2世が立った。この戦闘でハンガリー軍は敗れ,ラヨシュ2世は陣没,王位は義弟にあたるオーストリア大公フェルディナント1世に継がれた。この結果ハプスブルク家はハンガリーを得たが,ハンガリーの土着貴族の反ハプスブルク的感情は根強く残り,これを背景として以後 150年オスマン帝国の支配が続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モハーチの戦い
もはーちのたたかい

1526年、現ハンガリー南部のモハーチMohcsで行われたオスマン・トルコ帝国軍とハンガリー軍との会戦。トルコ軍が勝利を得、続いてブダまで北上。以後2世紀の間トルコの対ヨーロッパ戦線はハンガリーに膠着(こうちゃく)。国王ルドウィク(ラヨシュ)2世討ち死に後のハンガリーでは、王位をめぐって大貴族と中小貴族の対立が表面化し、サポヤイの東ハンガリー王国(後のトランシルバニア公国)と大貴族に推されたフェルディナンド1世の西ハンガリー王国が成立し、トルコ占領下の中部とあわせて三分割時代を迎えた。他方ハプスブルク家はハンガリーへの勢力拡大を果たし、また、チェコの新教派貴族を打ち破った1620年の白山の戦いによるボヘミア支配とあわせて、以後5世紀にわたる中欧帝国の基礎を築いた。[家田 修]
『矢田俊隆編『東欧史』新版(1977・山川出版社) ▽嶋田襄平編『イスラム帝国の遺産』(1970・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モハーチの戦いの関連キーワードオーストリア=トルコ戦争東欧史(年表)バルカン半島ブラチスラバハンガリー史スレイマンサーポヤイコマルノ東欧史バン