コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモンガ モモンガ Pteromys momonga; smaller Japanese flying squirrel

4件 の用語解説(モモンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モモンガ
モモンガ
Pteromys momonga; smaller Japanese flying squirrel

齧歯目リス科。体長 17cm,尾は 12cm内外。四肢を結ぶ皮膜をもつ,リスに似た動物。尾と後肢,頸部と前肢を結ぶ皮膜はきわめて小さい。眼は大きい。夜行性で,皮膜を広げて滑空し,風に乗ると 50mも滑空することができるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モモンガ

齧歯(げっし)目リス科モモンガ属の哺乳(ほにゅう)類の総称。日本にはホンシュウモモンガ(ニホンモモンガ)とタイリクモモンガの亜種エゾモモンガがすむ。体長15〜20cm,尾10〜14cm。
→関連項目ムササビ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モモンガ

別名,バンドリ,モモ。齧歯(げつし)目リス科モモンガ属Pteromysに属する小型の滑空する樹上生哺乳類の総称。ムササビに似るが,ずっと小型で,体重150g前後,目が大きく,尾は扁平。飛膜は前・後肢の間にのみ発達する。体色は,背面が茶色ないし褐色,腹面は白色。体長15~20cm,尾長10~14cm。ユーラシアの北部森林地帯に広く分布するが,日本には,北海道にタイリクモモンガP.volansの亜種であるエゾモモンガP.v.oriiが,本州と九州に,固有種で,やや大型のホンシュウモモンガP.momongaイラスト)が生息する(単にモモンガともいう)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モモンガ
ももんが

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目リス科モモンガ属に含まれる動物の総称。この属Pteromysの仲間は、前後肢の間に飛膜をもつなど、姿はムササビに似るが、体がずっと小さくリス大である。このためしばしば、森に仕掛けられた小鳥用の巣箱に入って子を産み、育てる。ムササビに比べ際だって目が大きく、尾の毛が平たく伸びるのが特徴。バンドリ、モモの名でもよばれるほか、地域によってはモモンガの名はムササビの別称ともされる。モモンガの体色には、背面が灰色のものと褐色のものの二つのタイプがある。腹面はともに白色。体長15~20センチメートル、尾長10~14センチメートル、体重150グラム前後。日本には、北ヨーロッパからシベリア、樺太(からふと)(サハリン)に広く分布するタイリクモモンガの亜種であるエゾモモンガP. volans oriiが北海道に、固有種であるホンシュウモモンガP. momongaが本州、九州に分布する。前者は後者よりもやや体が小さい。北海道では平地にもすむが、本州、九州では、ムササビが低い山に多いのに対して、普通、海抜1000メートル以上の山地、とくに亜高山帯に多く、富士山頂で捕獲された記録もある。夜行性で、木の芽、葉、果実などを食べる。ムササビに比べ、樹上での動きが敏捷(びんしょう)で、滑空のスピードも速く、鳥のようにみえることがある。繁殖期は4~10月。雌は普通、木の洞に樹皮を運んで巣とし、1産3~6子を産む。北アメリカにすむアメリカモモンガ属Glaucomysは、姿、体の大きさともモモンガにたいへんよく似ている。[今泉吉晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモモンガの言及

【ムササビ(鼯鼠)】より

…齧歯(げつし)目リス科の哺乳類(イラスト)。バンドリ,ノブスマ,ヨブスマ,モマ,モモンガなどの別名がある。前・後肢と体側との間に皮膚がのびてできた飛膜をもつ大型の滑空する樹上生のリスの一種。…

【妖怪】より

…妖異,妖物,魔物ともいい,またその多くがさまざまな事物に姿を変えることができるので,〈ばけもの〉〈おばけ〉などとも呼ばれる。妖怪の総称に相当する民俗語は,大別して,東日本に分布する〈モー〉系のモー,モーモー,モモンガー,モッコ,アモ,アンモなどと,西日本に分布する〈ガ〉系のガガマ,ガガモ,ガンゴー,ガゴジ,ガモなどに分けられる。霊的存在ないしは神秘的力の総称である〈もの〉の示現としての〈物の怪(もののけ)〉は,歴史的文献に現れた妖怪の総称の代表といえる語であり,神の示現としての〈かみのけ〉と対比される場合には邪悪な〈もの〉の発現を意味していた。…

【リス(栗鼠)】より

…日本にはこのグループに入る典型的な種は生息しないが,北海道のシマリス(エゾシマリス)Tamias sibiricus(イラスト)がこれにあたる。
[夜行性・樹上生リス]
 ムササビモモンガの仲間で,前肢と後肢の間に飛膜が発達し,飛膜を広げて木から木へ滑空する。大きな目をもっており,日中は樹洞に潜み,日没ころより活動する。…

※「モモンガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モモンガの関連キーワードアンバンドリングブランド・バンドリングアメンドウ百声鳥百千鳥一番どり江名子バンドリの製作技術ボバックホンドリス(本土栗鼠)ムササビ(鼯鼠)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モモンガの関連情報