コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルドビア Mordoviya

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルドビア
もるどびあ
Мордовия Mordoviya

ロシア連邦に所属するモルドビン人の共和国。正称モルドビア共和国Республика Мордовия/Respublika Mordoviya。現地音にしたがってモルドバ共和国、モルドバ人と記述されることもあるが、東ヨーロッパの独立国モルドバ共和国(首都キシナウ)と混同しやすいため、一般にはモルドビアと表記する。ロシア連邦の南西部にある。面積2万6200平方キロメートル、人口93万7000(1999)。首都サランスク。人口31万6600(1999)。
 国土の大部分がプリ(沿)ボルガ丘陵地帯の北西部に含まれ、モクシア川とスラ川の流域にある。大陸性気候で、平均気温は1月零下12~零下11℃、7月20℃、年降水量400~500ミリメートルである。国土の25%が森林で、北部が混交林、南部が森林ステップ地帯に属している。
 ソ連成立後の1930年モルドビン人(フィン・ウゴル語派に含まれるモルドビン語を使用)の自治州となり、34年モルドフスカヤ(モルドバ)・ソビエト社会主義自治共和国Мордовская АССР/Mordovskaya ASSRに昇格した。1991年12月のソ連解体でロシア連邦に所属、92年3月、ロシア連邦条約に調印、連邦国家ロシアを構成するモルドビア共和国となった。
 住民の多くはロシア人(60.8%)で、モルドビン人は32.5%である(1989)。ほかにタタール人(4.9%)などが住む。木材、製紙、食品、機械、化学の諸工業と、農作物(ライムギ、小麦、大麻(たいま)、テンサイ、ヒマワリ)栽培、牧羊、畜産が主要産業である。国土の北部に自然保護区が設けられ、ビーバーの保護に力が入れられている。[中村泰三・小俣利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モルドビアの関連キーワードモルドビア地方の教会群モルドバ(ロシア連邦)モルドビア[共和国]モルドビア自然保護区モルドウィン語モルドウィン人ウラル系諸族モルドビン語タタール語ウラル語族モクシャ川ルーマニアルザエフカ補説

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android