コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンガラカワハギ モンガラカワハギ Balistoides conspicillum; clown triggerfish

2件 の用語解説(モンガラカワハギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンガラカワハギ
モンガラカワハギ
Balistoides conspicillum; clown triggerfish

フグ目モンガラカワハギ科の海水魚。全長 50cmに達する。体は卵形,やや肥大し,尾鰭の後縁は円形。第1背鰭のとげは 3本。鱗は菱形で厚く,重なり合わずに敷石状に並ぶ。体色は黒褐色で,腹部には大きい淡青白色斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンガラカワハギ
もんがらかわはぎ / 紋殻皮剥
[学]Balistoides conspicillum

硬骨魚綱フグ目モンガラカワハギ科に属する海水魚。南日本の各地と太平洋インド洋の熱帯域に広く分布する。体は楕円(だえん)形で側扁(そくへん)し、硬い板状の鱗(うろこ)に覆われる。尾柄部の鱗には数列に並ぶ小棘(しょうきょく)がある。第1背びれには3本の棘(とげ)があり、大きな第1棘を第2棘が支えて固定することができる。英名のトリガーフィッシュtrigger fish(引き金の意)は、第1背びれのこの構造に由来する。腹びれは単一の腰骨の後端にあり、小さく退縮した鰭条(きじょう)とこれを包む変形した鱗から構成される。体色は黒褐色の地に体側腹方に大きな白色円斑(えんはん)が数縦列に並び、第1背びれの周囲に黄色の網目状模様がある。口は橙(だいだい)色で、目の前方にも橙色の1横帯がある。体長は35センチメートルに達する。サンゴ礁に生息し、敵に襲われると穴に潜り込み、第1背びれと腹びれの先端を穴の壁面に押し付けて体を固定させる。肉は食べられるが市場価値はほとんどない。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンガラカワハギの関連キーワード皮剥草河豚箱河豚真河豚馬面剥潮際河豚紋殻皮剥ゴマモンガラナシフグモンガラカワハギ(紋殻皮剝)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンガラカワハギの関連情報